« シャラポワを録画して見る | Main | 橋田幸子さんの事 »

February 08, 2005

定期検診の日の出来事

▼昨日昼のTV見ていたら、2月7日は小山敬三が死亡した日だと報道していた。http://www.kanko.komoro.org/mido/koyama.html小山は小諸市の、味噌屋に生まれた。しかし家業を継ぐよりも絵を描くことを望んだ。父親は最初反対したが、「食うための絵であったはならない」という一言を伝えて彼の希望は受け入れられた。1969年白鷺城の連作で日本芸術院賞を受賞する。その後しばらくの間フランス人の妻マリー・ルイズ・ド・モントルイユと小諸に帰郷して、浅間山を題材にした作品を多数描く。新高輪プリンスホテルにある浅間山のフレスコ画はとくに有名。わたしも小諸の美術館には2、3度行ったことがあるが、彼の没した日とわたしと誕生日がこんなに近いとは…。
▼定期検診の日、3ヵ月に一度は採血検査なので絶食。昨日出勤途中、家の近くの交差点で立っていることができない程、フラッとなってこのまま倒れるかと思った。その後出勤したし、血圧計で測ったがとくに異常はなかった。診察を受けた時担当医に話したら、「それは首の筋肉を急に動かしたせいでしょう。グルグル回す運動をすれば大丈夫」と言われた。脳梗塞はこんな物ではないらしい。採血はうまい具合に読者のI夫人であった。I夫人は注射器の扱いがお上手なので、針を刺す時もちっとも痛くない。待合室が混雑することをしきりに謝られる。きっとこのHPをご覧になっているのだろう。さらに長野に介護帰省をしている事もご存知だった。Iさんも、ふる里の山形まで月に一度は介護帰省をなさっているとの事だった。空腹で寒い道を病院まで歩いたせいか血圧は究めて高かった。担当医は「様子をみてお薬増やしましょう」と、得意の切り札を使う。そんな飲まされてたまるか。帰宅して食事をして部屋を暖めてはかったら、85の135と極めて正常値だった。
▼木村剛のブログを見ると、彼は書く内容を日替わりにしているらしい。わたしのきょうのテーマはデジタル&パソコンネタ。先日某氏から「子どもの保育園の卒園記念で運動会と遠足のビデオを3時間に編集して欲しい」という注文だった。ビデオ編集ソフトを使えばできない事もないだろうが、肝心のデジタルビデオカメラがないことには始まらないので、ビデオの仕事をしている知人を紹介する。しかしプロが作った映画だって3時間もたせるのは至難の業だ。記念にということなのだろうが、素人の作った自分の子が登場するのスライドやビデオを見ることほど辛いことはない。
▼「週刊アスキー」2月22日号(36P)によれば、インフォシークを使ってHPを作っている人に対するアンケート結果がでている。そのテーマは趣味が約7割、日記・独り言が3割、撮影した写真と、仲間やサークルが各割という結果になっている。そして更新回数が減る原因は全体の39%がネタ切れ。これは年齢があがるにつれて高まる傾向がある。アクセス数が伸びずにつまらなくなったが1割という結果になっているそうな。何事も続けるのは難しいという事。
▼「PCfan」2月15日号によると日立製作所は4年計画でパソコンを廃止するという。その数は30万台にのぼり、新しい端末は社内の情報漏洩防止の狙いもあり、本体内部にデータの保存ができない仕組みだという。ついでにコピーも廃止して手書きにもどると一番便利かも知れない。
▼「投稿の頁」は今年になってから一人のご利用しかありませんでしたので、2月一杯で廃止したいと思います。ご意見をお聞かせ下さい。それと「読者の広場」もあまり利用がりませんので、5月頃をメドにブログに移行させたいと考えています。(16693p)

|

« シャラポワを録画して見る | Main | 橋田幸子さんの事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 定期検診の日の出来事:

« シャラポワを録画して見る | Main | 橋田幸子さんの事 »