« ◇「ビフォア・サンセット」を見る。 | Main | 定期検診の日の出来事 »

February 07, 2005

シャラポワを録画して見る

▼漢字しりとりクイズですが、ご応募はお一人で、正解もお一人でした。もっと大勢のご参加をいただけるかと思ったのですが、残念でした。正解も応募いただいた方にだけお知らせいたします。
▼昨日ブログでご紹介した「ビフォー・サンセット」はきょう7日付け朝日夕刊でも紹介されていました。みなさんはどう感じられたでしょうか。
▼日曜日はなるべくパソコンにさわらないようにして、早い時間に電源を切って自分の時間を作る。文章を書くことはそれほど疲れないが、マウスを使うと右の人差し指から右腕が痛くなってくる。自分のHPは色や壁紙、背景には一切凝っていない。ところが例えばボランティアで頼まれているHPは、ブロックごとに壁紙があったり、■印に色を塗ったりする。この作業は見ているほど楽ではない。それにこんな所お絵かきのように色を塗っても誰も気付かないし、視聴率にはまったく関係ない。一番大事なのはコンテンツのはず。
▼昨日は昼間映画に行ったので、夜はTBSで午後3時から放映され録画した、「東レパン・パシフィックテニス決勝」を見た。わたしがスポーツに夢中になることは少ない。だがこのテニスだけは別。何回も書いているように昔、スクールに2年間通っていたこともある。しかし今回はシャラポアを見ることが目的。まぁ何とも美しいんであります。一球、一球の打撃を固唾をのんで見ていました。しかし危なかったけど、シャラポアは最後まで諦めませんでした。歴史に残る良い試合でしたので、当然DVDに撮って残しました。ついでに文春の「ナンバー620号」「特集:彼女はもっと強くなる」も買ってしまいました。シャラポアの他に安藤美姫、この人の滑っている姿は、わたしが料理を習っているMIHO先生そっっくりなんですねー。まぁ昨日の試合では観客席の日本人はみなシャラポアファンみたいで、相手のダベンポートは敵地に乗り込んだ敵役と言った風情で、とても可愛そうでした。
▼「週刊金曜日」2月4日号から金子勝の「人生いろいろ」という対談が始まって、第一回は元レバノン大使の天木直人氏だ。金子は「今の日本の組織の根本原理が、集団で異端は排除していく。排除性の高い集団にタテをつくと、事実上社会との交わりを断たれてしまう。その原理が外務省をも同様なんですね。きっと。」
天木「組織にいるかぎり仕方がない面もある。しかし他方で官僚組織にいると、いくらやりかたを間違ってもそこそこ栄転していく。こういうぬるま湯社会につかっていると、人間ダメになっていく。」と語る。前半の金子の話は映画「ドッグヴィル」に共通しているし、後半は本当にどんな組織でも同様なことがおきている。結局、多くの人間は自分だけが可愛いという発想から抜け出せない。画像はクリックするとかなり大きくしてご覧になれます。(9488p)

|

« ◇「ビフォア・サンセット」を見る。 | Main | 定期検診の日の出来事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シャラポワを録画して見る:

« ◇「ビフォア・サンセット」を見る。 | Main | 定期検診の日の出来事 »