« 「猫捨て」か?「姥捨て」か? | Main | 観桜会の準備万端整う »

April 06, 2005

タケノコの刺身を頂いた夜

▼タケノコ堀りには行くことができなかったが、お土産はたくさん頂いたのだ。それでそのお土産をいただく会を急遽開催した。白子タケノコは刺身にしていただいた。湧々さんからいただいた電子レンジでボイルしていただいたのだが、世の中にこんなに美味しい刺身はないのでは、という美味しさだった。冷蔵庫に小さなタケノコを2個保存してあるので、9日早めにいらした方には食べていただくことができる。さらに土筆を天ぷらにしていただいた。この時期春の味覚をこのようにしていただく日本人は幸せである。いや別にあの歴史教科書の事ではない。あんな文部科学省の検定を通った、ゆがめられた歴史教科書で生徒に教えなければならない皆さんはお気の毒としか云いようがない。また日の丸掲揚に深く一礼し、君が代を声をでかくして歌わないと処分される皆さんも、同様にお気の毒としか云いようがない。
▼事務所の冷蔵庫にはタケノコだけは仕舞ってあるので9日には刺身でご馳走できると思う。どうぞご期待いただきたいのである。
▼昨日は『鍵盤乱麻』メルマガを送信したら、お二人の読者からメッセージを頂きました。どうもありがとうございました。では、9日お会いしましょう。

|

« 「猫捨て」か?「姥捨て」か? | Main | 観桜会の準備万端整う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タケノコの刺身を頂いた夜:

« 「猫捨て」か?「姥捨て」か? | Main | 観桜会の準備万端整う »