« タケノコの刺身を頂いた夜 | Main | 修理するより買った方が安いパソコン »

April 07, 2005

観桜会の準備万端整う

▼昨日は急ぎの仕事があったのでMINさんに取材を代わっていただいた。おかげで急ぎの仕事は午後3時頃には発送を終える事ができた。実家に行っているときもずっとやっていたので、指先が痺れてしまい、再び医師の処方による湿布薬のお世話になっている。
▼昨晩頂いたのはタケノコと土筆の他に、苺、菜花、野蒜があった。イチゴは前回残ったミルクもあったが、それをつけなくてもとっても甘みがあったので驚いた。これらはすべてM編集長の差し入れであったが、ひつじ姉さんは土筆を天ぷらにして下さったがこの腕、味とも絶品だった。Maさんは「手がアクで汚れる」とか相変わらず文句をブーブー云いながら、土筆の袴をむしっていた。
▼今朝の朝日では37面に「ブログ」の特集をしていた。「アメリカでは世論に影響力」という記述もあるが日本ではどうも「日記」あるいは、「2ch」の延長のようになっている気がする。この事を今朝のTBSラジオ森本毅郎スタンバイ「日本全国8時です」で東大名誉教授の月尾嘉男が紹介していた。新聞記事では神奈川新聞http://www.kanaloco.jp/がブログを使った実験を始めたという。登録するとユーザー登録した読者はニュースにコメントすることができるというものだ。こういうスタイルはわれわれも自分の云いたいことだけを書いたり、云ったりするシステムとは異なる実験なので見習わなくてはいけない。
▼昨日の、わたしのブログでなぜ日の丸君が代が出てきたのか、不思議に思われた方がいらっしゃったかも知れない。酔っていて何か関連のない文章になってしまったような気がする。実は昨日の森本毅郎スタンバイで、森本とコメンテーターの嶌信彦がけしからん事を言っていたのだ。例の竹島の事など、歴史的記述の間違いについてで韓国や中国が日本の教科書にクレームをつけたことだ。嶌と森本は「じゃあそれらの国は日本の国の事をどう書いているか知りたいものだ」とヨタ話に話をねじ曲げてしまったのだ。中国や韓国が一貫して問題にしているのは、日本が先の戦争でそれらの国々を侵略した事をねじ曲げて記述していること。そしてその侵略戦争で死んだ指揮官や兵士などを、靖国神社で祀っていることを問題にしている。日本は侵略国、中国や韓国は被占領国として蹂躙されていたことをわすれてはならない。
▼午後郵便局に行ったら「研修中」という名札をつけた新人が座っていた。仕事の郵便物を「簡易書留速達にして下さい」と頼んだ。事前にわかる350円+140円+20円の金額の切手を貼っておいた。新人君がデジタル計量器に載せると760円の表示が出た。それから新人君は脂汗を流し始めた。わたしは念のために持参した200円切手を追加して貼る。新人君はなおも必死に計算らしき事をしていた。わたしは筆算で「50円」と出たから財布から出したお金を渡そうとしているのだが、どうにもならない。新人君は立ち上がって数人の上司の間を行き来しているが、みんな自分の仕事で相手をしてくれない。わたしも急いでいるのでイライラしてくる。あとで分かった事だが、新人君はデジタル計量器でから、入力した切手代金から貼ってある切手を引くという、マシンの引き算の方法が分からなかっただけらしい。一瞬彼は引き算ができないのかと、こっちが焦ってしまった。
▼9日の『鍵盤乱麻』観桜会は準備が進んでいます。昨日書きましたがわたしは到着が遅れるので、MINさんにすべてお任せしてあります。すでにテキーラの追加仕入れも完了して、MINさん手作りのおでんも事務所でぐつぐつ煮ています。どうぞご期待ください。それと準備の都合がありますので、参加ご希望の方も高地まで至急ご一報下さい。

|

« タケノコの刺身を頂いた夜 | Main | 修理するより買った方が安いパソコン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 観桜会の準備万端整う:

« タケノコの刺身を頂いた夜 | Main | 修理するより買った方が安いパソコン »