« 松本城の桜を見に行く | Main | 「バッド・エデュケーション」を見る »

April 16, 2005

懐古園は二分のまだら咲き

▼松本まで道路表示を見ていったらそれほど難しくはなかった。しかし市内に入って松本城に行くべき所を間違えて、最初は城山公園の方に行ってしまった。近所の公民館で道を聞いたら城にたどり着くことができた。昨日の写真はセルフレポートを撮ろうとしていたら、わたしと同じ年代の男性が「撮りましょう」と言ってシャッターを押してくれた。そして「あと二、三日すると花びらがお掘に落ちて浮かんで写真の被写体としてピッタリになります」、と話して下さった。わたしは仕入れたばかりの知識で、「あぁ花筏ですね」、と相づちを打つ。きょうの読売二面には、「花烏賊(ハナイカ)」というものがあるという。それによると、桜の花の頃に取れる烏賊をそう呼ぶのだという。男達が夜のうちに海にでてとった烏賊を、女たちが朝の海辺でさばいて張り渡した綱に吊していく。烏賊の腹を抜くとは、酷そうに見えるるけれども、実際は情け深い女の手であるというのだ。よんでいてとてもセクシーな句だと思った。午前中は懐古園にいったが、テレビの予報と違い、殆んど咲いていなかった。関西方面の観光バスで来たお客さんは、お気の毒だった。こちらには、セルロイドでできたピンクとブルーのぼんぼりが至る所にぶら下げてあった。
Kouchi(Mobile)

|

« 松本城の桜を見に行く | Main | 「バッド・エデュケーション」を見る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 懐古園は二分のまだら咲き:

« 松本城の桜を見に行く | Main | 「バッド・エデュケーション」を見る »