« 終電まで飲んでしまった。 | Main | 吾妻ひでおの「失踪日記」を読む »

April 10, 2005

『鍵盤乱麻』携帯短歌が発足します。

▼データベースにこの数日間で撮影した都内の桜の写真をアップしましたので、ご覧下さい。
▼マグノリアさんからのご質問です。領土問題というのは世界中に存在します。一体どこで線引きしたら、両者に納得が得られるのか明確な答はないようです。それは卑近な例では第二次大戦中の美術品でも今なお各国で綱引きをやっています。ではフランスのそれがナポレオンの時代に遡るか。では大英帝国博物館の展示品はどうなのかとなったら、もう収拾が付きません。竹島の時代的な背景は昨晩MINさんにお聞きしましたら詳しいご様子なので、別途投稿していただきましょう。わたしもデモのエスカレートしていることは、組織されている人ではないかと、一度このブログに書きました。問題の本質は別の所にあるように思います。日本は差別と敵愾心を煽るために、「竹島」を利用している。中国や韓国は日本の覇権主義が拡大していることに危機感を抱いている。とくに韓国は民間の「デモ」を利用して、政府は何か日本政府に譲歩させようとしているように見受けられます。中国はこれもMINさんの専門分野ですが、先日の日経に共産党政府が腐敗しきって、民衆の不満が渦巻いている。いやしくも近代国家なら、およそ暴徒に大使館を襲撃させるなどあってはならない事です。それができるのは治安当局が、民衆の不満が自国政府に向かうのをコントロールしているからに他なりません。
▼「竹島問題」の解決方法は、国際司法裁判所など第三者機関を使って論議をする。そして10年毎に交代して島をおたがいに使えるようにする。一層のこと、観光の島にしてしまう。でも現実は岩と石ころばかりで、使えそうにありません。ただ教科書にお互いが竹島問題をどう書いてもそれは、自国の歴史であって問題はないと思います。
▼酔った頭でシネマの原稿を2本書いて送信する。テーマは流行の「ローレライ」と「ロング・エンゲージメント」にした。前者は近くの映画館は超満員で立ち見まで出ている。どうしてあの映画があんなに人気がでるのか分からない。本当は昨日公開になった映画、「バット・エデュケーション」を見に行きたかった。この監督は好きで公開になったものはすべて見ている。一番良かったのは97年の「ライブ・フレッシュ」だ。今までずっとビデオもDVDもなかったが、今月になってようやく紀伊国屋書店から発売になった。しかしながら1万円なので、ちょっと考えてしまう。映画は行きたかったが、今週中に見ればよい。それより散りかけている桜をみなければ、1年間後悔することになる。軽い方の500万画素のキヤノンのデジカメを持って、まず亀戸中央公園に行く。お花見客いっぱい。ここは穴場なので人は少ない。それから秋葉原に所用で立ち寄る。歩いて御茶ノ水聖橋まで歩く。神田川周辺は水と相まって美しい。そうしている間にM編集長からメールが入って「ローレライ」が4行オーバーしているという連絡がある。
▼昨日帰りがけにMINさんに「東大で桜の美しい所はあるでしょうか?」とお聞きしたら「ある」という事なのでバスに乗って本郷キャンパスに行く。三四郎池を一回りして、データベースに入れたような写真を撮ったが、時期的にちょっと遅くて八重桜になっている所もあった。
▼昨日の飲み会でhiroさんの「短歌をゆく」の話になった。それから発展して2週刊ほど前に女優の栗山千明が案内人になって「携帯短歌」の世界を紹介していた事をわたしが話をした。みんな酔っているので短歌は万葉集で、俳句は芭蕉の「古池や…」の五七五の世界だよという程の初心者なのであります。そこで『鍵盤乱麻』の携帯短歌をやろうという話になりました。「ふる里お国言葉」はどうなったと言う意見もいただきました。それはそれとして、わたしもまったくの初心者です。投稿方法は別に携帯でなくてパソコンからの投稿で結構です。短歌のペンネームは普段と違って結構です。昨晩はわたしともう一人が立候補しました。みなさんも「俵万智」のような、現代的内容で字余り大歓迎ですのでぜひ応募してください。明日からスタートします。携帯で画像などを添付していただくと、さらに楽しくなると思います。
◇「チルソクの夏」を録画して見た。

|

« 終電まで飲んでしまった。 | Main | 吾妻ひでおの「失踪日記」を読む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『鍵盤乱麻』携帯短歌が発足します。:

« 終電まで飲んでしまった。 | Main | 吾妻ひでおの「失踪日記」を読む »