« 「万葉集」」の参考書について | Main | バカ・タカ兄弟のバカTV報道 »

June 14, 2005

●「証言・桜花特攻/人間爆弾と呼ばれて」を読む 

▼かつてゲバラの誕生日には、比較的高価な葉巻を買いもとめ彼の事を思いだしながら吸っていた。
▼何故か日曜日になるとパソコントラブルの連絡がある。一人はお教えしてあるインターネットファクスで、メールの受信だけできなくなったが、ウィルスのせいではないかとのこと。今週金曜日に日時を指定されたが、もしかすると実家に帰るので、来週にして欲しいとお願いする。もう一人は2日間の休日というもの、ほとんどパソコンに向かっていて疲れてしまったので、夕方ウォーキングをしている最中に連絡があった。「高地さんお休みでしょう」というので、「もちろんそうですが、ご要望とあれば行きますから」とお話しする。いろいろやっているうちにパソコンが立ち上がらなくなってしまったそうだ。月曜昼頃に行くお約束をしたが、その後夜10時半頃連絡があって、再起動したら動くようになったのでとりあえず、行かなくても良くなった。
▼昼前から孤独な作業を事務所でやっていた。誰か電話かメールがあったら、昼食か夜の飲み会をエサに手伝ったもらおうと思っていたが、残念な事に結局こういう時に誰からも連絡はなかった。継続作業は水曜日午後からの予定。
▼隣の大学生協の売店で仕事に使う物を買っていると隣のレジで古くからの顔見知りの人が支払いをしていた。「Kさん」とわたしは声をかける。この人とも30年くらい前から知り合いで10年に一度くらいおめにかかる。「わたしこの大学の夜間コースに通っているの」、「それは大したもんだ」、と会話が始まる。「付属小の教師たちもエリートを育てることばかり考えないで、できない子どもを含めてどういう教育をするか考えてくれればいいんだけど」、と彼女。一体エリートが大蔵省や外務省で何をしているかと言えば、貧乏人から絞り取ることだけでしょう。そんな子どもに育ててバカ親も何を考えているんだか、と私は締めくくった。
▼●「証言・桜花特攻/人間爆弾と呼ばれて」 協力:元神雷部隊戦友会有志 文藝春秋編 3800円」
 靖国神社境内に開花宣言を測定する「標準木」というものがあるが、実はこれは「神雷桜」と呼ばれており、タイトルの人間爆弾となった航空特攻専門部隊、第721海軍航空隊の戦友会によって戦後靖国神社に奉納されたものなのだ。昭和20年5月29日のことで各紙には1面トップで「神雷部隊の特攻攻撃」として新聞に大々的に報じられた。桜花はどのような仕組みだったかと言えば、戦闘機などの下に親子式に懸架され目標地点まで行くと、そこに人間が一人乗り移り親機から切り放される。そして敵戦艦の地点まで滑空した後、ロケットを最大27秒間噴射して接近し800キロ爆弾もろとも体当たりするというものだった。神風特攻は人間が運転することができたが、こちらの桜花は爆弾をくりぬいた乗り物で乗り込んだらもう逃げることは考えられない。もちろん「非人間的」という一言で片づけるのは簡単だが、なぜ彼らがこれに乗ることを選択したか興味があった。そう言えば「戦国自衛隊1549」でも指揮官が死亡して、生き残ったうちで一番位の高い島大輔が指揮をとることになる。選択肢は3つあるが、部下達は「一緒に残って戦う」ことに一人またひとりと最終的には全員が立ち上がる。これを見てわたしは、こういう状況に追い込まれると、「自由」という裁量はなくなるのだと思った。彼らは自分が死んだあとも、敗戦交渉や講話交渉になったとき残っている肉親らに有利な条件が引き出せるのだ、と自らを納得させて特攻に臨む。ある一人はこう書いている「自分が先輩に続いて突っ込んで行くのは、国のためでも、天皇陛下のためでもない。自分がひと足先に死ぬことで、自分の家族、とりわけ母親が一日でも長く生き永らえてくれるなら、自分は満足して死んでいける」。ある時待機していた霞ヶ浦で、上官との対立で軍刀まで持ち出して暴動が起きそうになる。上官が「やるなら俺を殺してからやれ」という捨て身の戦法にでてようやく納まるのだが、後に分かったことでは何人かが軍法会議に送られ、戦争が終わるまで釈放されることはなかったという。これなど圧殺されていた「生きたい」という欲望がこのような形で爆発したのだろう。なおこの桜花の飛行システムは戦後アメリカで「X1試験機」としてそのまま技術が転用されたという。

|

« 「万葉集」」の参考書について | Main | バカ・タカ兄弟のバカTV報道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ●「証言・桜花特攻/人間爆弾と呼ばれて」を読む :

« 「万葉集」」の参考書について | Main | バカ・タカ兄弟のバカTV報道 »