« 「演習」と「練習」の違いについて | Main | 「歴史認識ギャップとメディアの責任」など »

July 30, 2005

信濃追分の堀辰雄文学記念館にて

horitatsu
読者の皆さまいかがお過ごしですか?暑中お見舞い申し上げます。合宿のあと「風たちぬ」カッゼッタチヌウ、イマハーアキっていう(松田聖子ではない)「それらの夏の日々、一面に薄《すすき》の生い茂った草原の中で、お前が立ったまま熱心に絵を描いていると、私はいつもその傍らの一本の白樺の木蔭に身を横たえていたものだった。」という序曲で有名な堀辰雄文学記念館に立ち寄りました。軽井沢の隣町ですが、今日は涼しくて快適です。Kouchi(Mobile)

|

« 「演習」と「練習」の違いについて | Main | 「歴史認識ギャップとメディアの責任」など »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 信濃追分の堀辰雄文学記念館にて:

« 「演習」と「練習」の違いについて | Main | 「歴史認識ギャップとメディアの責任」など »