« やってTRY「長谷川式」テスト | Main | 72728でした。 »

August 26, 2005

蝉の鳴き声が雑音に聞こえる時

▼いよいよ明日朝8時はWeb創刊6周年記念アクセス数の発表日です。今朝8時で72695ですから天変地異がない限りプラス50カウント程度になるでしょう。そうすると応募してくださったひつじねぇさん72832、コスモスさん73800。星林さん80021、ハッチーさん73600、水玉文庫さん72330、水衣さん74567となり、ひつじねぇさんが最も近くなりそうです。どうぞ明日朝をご期待下さい。
▼今朝の「TBSラジオ森本毅郎スタンバイ/世論調査」はイラクの自衛隊はどうすべきかという意見を募集していました。何回かお願いしていますが、このラジオ番組の金曜日のアンケート調査は下らないものもありますが、この数週間は、わたしたち意見を反映させた方が良いと思われる設問がかなりあります。このWeb『鍵盤乱麻』に何を書いても、ほとんどご意見をいただけないのが実情です。しかし発言しなければ、現実の政治も世の中も変わらないのも事実です。世論を反映させる、よい機会ですので、ご自分が思っている事をぜひ声に出してください。
▼実家に帰るときは、前日に古本やさんから直近に発行された週刊誌を数冊買って読んでいく。先週は「週刊金曜日」が休刊だったので、物足りなかった。「週刊文春」に「そうはイカン○○」の某党首の生い立ちがでていた。それによると彼は満州から引き上げて千葉の蘇我に幼いとき住んでいた。自分も近くの空き地を借りて野菜を作ったが、どうもうまく作ることができなかった。どうしてもうまく行かなかったのが、西瓜である。あるとき近くの農家の人が作った西瓜を貰って食べたが、本当に美味かった。それ以来西瓜が大好きになったとの事だった。そして父親が自衛隊出身者であるとも書かれていた。なーるほど、彼の自衛隊を容認するルーツはそんな所にあったのだと思った。
▼台風一過の今朝、せわしいミンミン蝉の鳴き声が聞こえる。昨日医者の帰り道、小諸市内を走っていたら、古い和菓子屋さんに川柳らしい張り紙がしてあった。「地元ではうるさく聞こえる蝉の鳴き声も、都会の人にはご馳走らしい」という主旨だった。これを見て考えた。音から何を連想するかだろう。音楽で言えば、自分の過去に聞いた場面を思い出すに違いない。一例がわたしの場合、「乙女の祈り」は再三引用するように、中学校の時下校の音楽としてこれを3年間聞き続けたので、これを聞くと家に帰りたくなる。蝉はうるさいと感じるのはおそらくずーと田舎に住んでいる人ではなかろうか。蝉を聞いて現在都会にいる人たちは、幼いふる里で育った日々を思い起こすに違いないのだ。もしかしたら藤沢周平の「蝉しぐれ」かも知れない。そういえばTVで流れているSUICAのCMソングは荒井由美時代の「やさしさに包まれたなら」で、「魔女の宅急便」にも使われていたっけ。

|

« やってTRY「長谷川式」テスト | Main | 72728でした。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蝉の鳴き声が雑音に聞こえる時:

« やってTRY「長谷川式」テスト | Main | 72728でした。 »