« TV占いが見事に当たった日 | Main | 懐かしの省エネ半袖ルックを見た »

September 08, 2005

台風一過猛暑が復活した佐久平

newsungla
▼ついに実家のパソコンのモデムが反応しなくなってしまった。USBのアナログモデムを至急探さなければ。今時そんなものがあるだろうか?少なくともインターネットでは出てこない。トップの写真は父が通っている小諸高原病院。昔は陸軍の結核治療機関の病院だった。もしいま入院させられると、この門を出るのは死ぬときという曰く付きの病院でもある。
▼そんな訳で昨晩はメールの送受信もネットの閲覧もできなくなってしまった。そこで持参した「戦争と人間」第2部の後半を見た。この山場は226事件から軍部が政治に発言力を持ってくる場面が描かれる。そして国内は左翼、とりわけ天皇制に反対した共産党に対する熾烈な弾圧が行われる。左翼学生の山本圭も特高に引っ張られ拷問を受ける。そして五代家の次女吉永小百合と彼は恋仲である。父に圭の助命を願いでるが、「覚悟の上だろう」と拒否される。そして小百合は圭の薄汚い下宿に行って「今晩は帰らなくても良いの」、二人はそういう仲になる。しかし…小百合は当時と現在の演技とちっとも変わっていない下手さだ。これほどセリフに抑揚がない人も珍しい。そして浅丘ルリ子と高橋英樹演じる柘植中尉の恋。この時本当に浅丘ルリ子は美しかった。いまもわたしは日本の女優では一番好きだ。昔そのことを知り合いの芸能プロダクションの専務に話したら、「浅丘さんは実生活でも、恋多き女ですよ」と言われた。別に浅丘とわたしは結婚しようと言うわけじゃないから、そんな事はどうでもいいんだよ。そして最後は八路軍に身を投じる中国人女性を演じる栗原小巻。このときはふっくらしていて水も滴る美女だった。ただし栗原は、わたしの好みではない。
▼今回、由美先生との面談は10分足らずで終わった。先生は処方している「ルーラン」という薬が、効き過ぎて副作用が出ていないかどうかが、一番心配していたようだった。この二週間の出来事を自宅の様子と、昨日担当のケアマネージャーから詳しく聞いていたので、それを報告したら、次回から1ヶ月に1回で良いということになった。という事なのでわたしも助かる。前回は往復とも喫煙席だったが、今回はうまい具合に往復とも禁煙席なので助かった。長野新幹線は来年から全面禁煙になるようだ。というのは最長1時間半くらい禁煙できなくてどうするということなのだそうだ。まあ良かった良かった。
Kouchi(Mobile)

|

« TV占いが見事に当たった日 | Main | 懐かしの省エネ半袖ルックを見た »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台風一過猛暑が復活した佐久平:

« TV占いが見事に当たった日 | Main | 懐かしの省エネ半袖ルックを見た »