« 買ったら危ない「国債」の話 | Main | 焼酎ボトル2本も開けて盛り上がった祭りの後の宴 »

October 15, 2005

小泉首相の本当のブレーン世耕氏

▼朝一番の仕事は段ボールの空き箱を探すことだった。家に一番近いコンビニに行ったら、「ありません」と不機嫌な顔で断られた。まだ9時ちょっと前だが、小さなスーパーに行ったら、「ないけど荷物運び出し口に行けばある」と言われた。そこには商品の搬入作業の最中だったが、無事5枚の段ボールをいただくことができた。なぜこんなことをしたのかと言えば、1日前の夕方ブックオフに申し込んだ。ところが朝、受け付けメールを再確認したら、箱に入れて準備しろとあったので、慌てたのだ。4つの箱に入れた本は何冊になったか計算はしなかった。おそらく300冊から400冊位ではなかっただろうか。そしてCDも処分することにした。こちらは多少大きな段ボールだったが、300枚くらいだった。3つある本棚は一段に文庫本など3重にして詰めていたが、こんどはすかすかになった。今後は洋服と同じで、1枚買ったら一枚捨てる。本は一冊買ったら一冊捨てることにしよう。そうすればモノは増えないだろう。ついでにソフトエアガンの買い取りサイトにアクセスして、手持ちのものを見積もり依頼した。すると30分で返事が返ってきた。箱入りで新品同様なので、予想していたよりもかなり金額が良かったので、これも宅配で送ってしまった。
▼別に本とCDは金額を当てにはしていない。単に目の前から消えてくれれば、金額はどうでもいいので、倉庫のような部屋から人間らしい生活空間が誕生した。あと1週間ほどするとパソコンも入れ替えが完成するので、新しい『鍵盤乱麻』編集部を画像でご紹介できると思う。
▼夜は都内でHP研究会。選挙後の国会と、憲法改悪をめぐる動きの分析にかなり時間を割いた。今発行されている月刊「現代」と「論座」」に出ている世耕弘成が小泉のブレーンであったという。彼は1年前から「郵政否決解散」もありうるというシナリオを小泉に授けてきた。そして解散の2ヵ月前から「刺客の選定」も世耕が直々に行って、片山さつきなどは中々首を縦に振らなかったが、最後に口説き落としたのも世耕であるという。自民党は1年も前からこのシナリオを考えて着々と準備をしてきたのに、野党は自ら何ら新しいインターネットを使った広報活動や選挙作戦を考えず勝てる筈がない。それが「健闘」などと自画自賛をしているようでは先が思いやられる、というような話になった。上記世耕氏のことはわたし自身雑誌などを読んでいないので、また読み終わったらご報告仕様とおもう。あと神奈川新聞の「ブログ」を使った実験が、一定の成果を上げている。ただこれはデスクなり記者が、記事を検証できないので、記事の信頼性と正確さという点は、今後の研究課題であろう。HP研究会の会長であるM氏が「『憲法改正』問題とジャーナリズム」という小冊子を作られた。A5で本文約100ページである。データベースに表紙と1ページだけ掲載させていただいた。ご希望の方はご本人に封筒と機って200円分を同封して、「高地から聞いた」と言っていただければ、お送りするとおっしゃっているので、ご希望の方はお知らせいただきたい。
▼またレイバーネットからは12月11日(日)レイバーフェスタ2005を開くというご案内を頂いた。飯田橋の東京しごとセンター地下講堂で集会と、ケン・ローチの最新作「ナビゲーター、ある鉄道員の物語」も上映されるというので、こちらもぜひご覧頂きたい。
▼終わってからいつもの居酒屋に行く。いつもの女性店員さんがいなくて親父さん自ら注文を取っていた。女性店員さんは中国人女性で中々機転が利く人でもあったが、多少言葉の問題で意思疎通がうまくいかないことがあった。一度「生中」と頼んだら「瓶ビールの中」が人数分出てきたことがあった。栓を抜いてあったので仕方なく飲んだが、それからは「中ジョッキの生ビール」というようにした。あとからおかみさんが出てきたが、手が足りないので、わたしが炊事場に、小分け用の「取り皿」を取りに行ったり、焼酎を割る水を汲みに行ったりした。どうしてわたしが店員さんのまねをしなければならないのか?おかみさんに「若い女性の店員さんは?」と聞いたら「辞めた」というので、この飲み屋に行くときは、今後もわたしが同じことをしなければならないようだ。

|

« 買ったら危ない「国債」の話 | Main | 焼酎ボトル2本も開けて盛り上がった祭りの後の宴 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小泉首相の本当のブレーン世耕氏:

« 買ったら危ない「国債」の話 | Main | 焼酎ボトル2本も開けて盛り上がった祭りの後の宴 »