« パソコンのトラブルが今週は3件 | Main | 結婚をありがたいと言う人ばかりではない »

November 15, 2005

インフルエンザ対策は戒厳令の予行演習

▼インフルエンザが大流行しそうな気配である。それと鳥のインフルエンザに関連して自衛隊が感染した鳥の処分のため、茨城だったか地元知事の要請で出動している事だ。前者で言えば大流行を理由に「戒厳令」なみの厚生労働省は外出禁止令を計画している。国民保護法の準備は着々と進行している。「九条改悪反対」を叫んでいるうちに、気がついたら抵抗できない事件を口実に政府の国民包囲網は広げられていく。
▼父の卒寿祝いの日まで、正常な状態が持つだろうか、というのが最大の懸念だった。祝い会の席で暴れ出したらどうするか、様々な対応を考えて臨んだが、それは無事終えた。ところがそれ以後父の具合が、急に悪化してしまっている。もう薬も効かずに母の止めるのも聞き入れず薄着で徘徊している。昨日朝は母から着衣の交換もさせず暴れて手が付けられないという連絡があった。担当のケアマネージャーさんと上司に来てもらったが、もう最終判断をしなければならないようだ。母とは父がどのような状態になったら施設送りを決断するか、前回帰省したとき話して来てある。それから緊急入所の施設を探すため、ずっと電話をしまくっていた。こういうのは暴力を振るう、裸体で出歩くなどの緊急事態でないと入れてくれない。
▼友人のツテを頼って連絡をした所、一ヶ所だけ「申し込みに来て書類を出してくれれば検討する」と言ってくれた施設があった。入れるかどうかはわたしの面接と、先方の施設のケアマネージャーさんがどう判断するかにかかっている。木曜日朝はいつもの小諸高原病院に父を連れて行く日なので、担当医に頼んで最悪の場合は、短期でもここに収容してもらうしかないと思っている。そして今朝昨夜の状況を聞くと、母が「暴力を振るい、母を長時間押さえつけた」(正常な時は暴力を振るうことなど一度もなかった)というので、明後日医師と会ったとき判断をすることになる。

|

« パソコンのトラブルが今週は3件 | Main | 結婚をありがたいと言う人ばかりではない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インフルエンザ対策は戒厳令の予行演習:

« パソコンのトラブルが今週は3件 | Main | 結婚をありがたいと言う人ばかりではない »