« なぜ沖縄に犠牲を押しつけるのか | Main | ◇「親切なクムジャさん」を見る »

November 12, 2005

原稿締め切りと早朝からの仕事

▼午前七時には電車に乗って八時から仕事開始。しかも映画の原稿締切日を過ぎている。ハードワークは終る時間が見当付かない。だから断って抜け出す。今朝の朝日別刷り「be」の別刷りに千葉のパート労働者を組織する「なのはなユニオン」の事がでていた。登場しているのは、元千葉市の保母さんだった鴨桃代さん(57歳)静岡で保母さんになるが2年年上の先輩に「資格は進学しなくても、学ぶことが大事」と言われ淑徳大学にいって保母の資格を取る。そして習志野市議の夫の影響を受けて労働組合先住になり、今年の連合会長選挙、会場で急に立候補することが決まりでて高木剛候補の3分の1も得票する。最近電話相談があって心を痛めた話がある。それはパートの保母さんから、ボーナスの支給日が一番辛かったと言われた事だ。彼女もまた、自分が正規職員の時はそのことに気づかなかった。同じ仕事をしているのに、方や正規職員というだけで数十万円のボーナスが出て片一方はゼロ。「未組織の組織化」と言うより役に立つ事をしなければ意味がない。また嫌味を書いて憎まれる。
▼オギノメちゃんのサイトを見たら、育児の話が書いてあった。彼女もまたそういう年齢になっていたのだ。
▼映画はシャンテシネで韓国映画「親切なクジャムさん」を見た。明日朝までに原稿に仕上げなければならない。刮目して明日の朝午前6時を待て。Kouchi(Mobile)

|

« なぜ沖縄に犠牲を押しつけるのか | Main | ◇「親切なクムジャさん」を見る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 原稿締め切りと早朝からの仕事:

« なぜ沖縄に犠牲を押しつけるのか | Main | ◇「親切なクムジャさん」を見る »