« ◇「美しい夏、キリシマ」を見る | Main | メルマガの締めきり時間は20日正午 »

December 15, 2005

NHK「クライマーズ・ハイ」前編を見る

▼昨日朝のトップニュースは経団連が賃上げを容認した、というものだった。一体労働組合の役割はどうなってしまっているのだろうと驚いた。経団連のトップはトヨタの奥田会長。そのトヨタは賃上げなどを一切ストップしたまま、マスメディアは「1兆円の利益を確保した」ともてはやす。日産だって会社の所有地を売り払い、大量リストラしたゴーンをまたベスト・ドレッサーなどとしても持ち上げる。労働者に犠牲を強いて利益を上げるなんてとても「経営」などと言えないと、とわたしは思う。もはや労働組合はなめられているのだ。
▼先日の忘年会で某大学の大学院生が「学校に暖房が入っていないので、学生はコートにマフラーをして授業を受けている」という話があって驚いた。たしかこの大学は独立行政法人になって「利益が上がっている大学」のベスト5くらいに付けている筈だ。だから勉強するのに、必要最低限の「暖房」さえ削ってお国に褒められようと、尻尾を振っているのが大学理事者の姿なのだ。学校当局者にしてみれば、文部科学省の監視がついているから、意に従わないわけにはいかないのだろうが、やることがどうもえげつない。昨日朝起きて午前6時にメールチェックをすると、某読者からメールが入っていて、「14日昼に学内パレードをやる」という。応援に行きたいところだが、残念な事にわたしは毎週水曜日は三鷹で授業をしなければならいので、パレードの時間に合わせて携帯メールを送る事しかできなかった。後でお話を聞いたら、デモとかパレードを全くしたことがなかった学生のみなさんが30人くらい集まって行動をしたという事でホッとした。知り合いの新聞社や通信社に連絡をしようと思ったが、この日ばかりは電話を掛けてこられても対応できないので、そのままになってしまった。ただ地元T日報だけは来たというので、今朝の紙面にどう反映されているか興味はある。
▼「クライマーズ・ハイ(前編)」NHK10日夜放映。この小説と著者である横山秀夫の存在を知ったのは、『鍵盤乱麻』読者ならご存知の某通信社某デスクによってである。20年前の日航機御巣鷹山墜落事故をめぐり、その取材スタンス、地元紙(現実には「上毛新聞社」)記者の力量とは何かを縦糸に、同僚、上司との確執を描いた力作である。放映当日は『鍵盤乱麻』忘年会だったので、録画して昨晩前編を見た。主人公はデスクの佐藤浩一。谷川岳をロッククライミングで登っていた同僚で営業部の赤井英和が脳梗塞で倒れる。日航機事故が起きて佐藤は社運をかけて、取材の全権を任される。どこに落ちたか分からない深夜、現場が写植で作ってきた見出し群馬が先か長野が先か迷うが二者択一で「群馬」を選んで作業は進められる。現場に二人の記者を派遣するが現在と違ってハンディ・トーキーはおろか携帯電話すらない。「現場雑報」を待っているが間に合わないので、上司の岸部一徳は共同配信の記事にTVを見て記事を書かせたことに佐藤は怒り狂う。圧倒的な物量や記者の数を誇る全国紙に対して、地元紙の存在とは何なのか現場の論議は深まる。そして疲れ切ってボロボロになって二人の記者が本社に戻ってきたとき、佐藤デスクは「雑報」を書かせる。「トンボの赤いリボン」という片腕を失って死亡した少女を抱いた自衛隊員の写真と、それを見た記者の記事。もうそれは現場に足を踏んだ記者しか書けないのだが、「自衛隊の宣伝になるような記事」は部長も社長にも掲載を拒否される。社長からは「たかがデスク風情で何を」と一喝される。そして居酒屋で部長と地方紙記者の存在価値を巡ってつかみ合い寸前の口論が始まる。新聞社社内の事だけでなく、佐藤自身は自宅に着替えに戻っても息子は登校拒否でパジャマ姿のままだ。それには父親を拒否する一つの事件があった。続編は17日夜9時から。
▼秋の写真をご紹介しています。まだ点数はこの倍以上あります。しかし良いとも悪いともご意見はないので、そろそろ切り替えようと思います。

|

« ◇「美しい夏、キリシマ」を見る | Main | メルマガの締めきり時間は20日正午 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NHK「クライマーズ・ハイ」前編を見る:

« ◇「美しい夏、キリシマ」を見る | Main | メルマガの締めきり時間は20日正午 »