« TV「相棒」の「欠陥ヒーター」 | Main | 一人だから内風呂はもう立てない »

December 20, 2005

六本木ヒルズは嫌いだけど…

▼昨日日経の記事をご紹介したら、うさこさんから「こうちさん 社交ダンスも始めよう そして一緒に踊ろう 人生はダンスだ」というタイトルのメールを頂いた。そーかー、人生はダンスねー。わたしは前にも書いたがダンスというのは中学校時代に習ったフォークダンスしか踊れない。「オクラホマ・ミキサー」、「マイムマイム」と情けない話だ。いまさらダンス教室にいくのもおっくうだし…。
▼十三間通りを歩いていたら、4年ほど前に駅ビルの夏の福引きで一等賞の北海道旅行が当たって、一緒に行ったTさんにバッタリあった。わたしより2つか3つ年下だ。彼女は旅行が好きなのだが、介護があって中々いけないという。まず自分の母親が同居していて、朝雨戸を開けるとあとは寝たきりらしい。しかし本音では「もう早く逝ってほしい」と言うことだった。義母も具合が悪くて月額48万!の施設に入れたら、上げ膳下げ膳でとても良かったが、支払い続けることができないので、自宅で見ようと退院させたら、自宅に戻ったとたんすっかり元気になったという。こういうパターンをまさに息子孝行のお母さんであろう。
▼日曜日の日経別刷り「プラス1」「読者3246人に聞く」アンケートによれば、「クリスマスを味わえる主な場所ベスト9」というのが載っていた。そのベスト3に入るのが、トップページの「六本木ヒルズ」である。あの建物のデザインも住んでいる奴らもみんな大嫌いだ。しかし「マクナマラ回想録」のような、ここでしか上映しない映画があるので、時々ここのバージンシネマまでやって来る。撮影の準備をしていたら、50歳くらいの太った女性の警備員さんが、「いまテストだから、もうちょっとすれば綺麗になりますよ」と話しかけてきた。これがヒルズが「ベスト3」に入るとお話すると、「警備の仕事は午後9時まであって、帰宅するともう11時になってしまう。自分の所の電飾を楽しむ気にもなれない」とのことだった。帰りの地下鉄で一眼デジカメのモニターをチェックしたら、あまりにも気に入らない写真が多くてイヤになってしまった。色々頭を絞って考えたらその理由が分かった。ヒルズは週末の24日か25日に再挑戦しようと考えている。
▼お台場もヒルズも機材を背負って往復するだけで、かなり疲れます。手間ひま、それにカネもかかっています。写真をご覧になった感想お聞かせいただければ、また次回も良いテーマを選ぼうという気持ちになるのですが…。どこかの見知らぬ叔父さんが、リリー・フランキーの「東京タワー」を手に持って東京タワーを撮影していた。何とバカバカしいことだ。
▼クリスマスが近づいて来たので、ネットワークウォークマンの曲を入れ替えた。ベートーベンの3番と、9番を削除して、ヘンデルの「メサイア」とバッハの「クリスマス・オラトリオ」これをあと一週間ほど聞く。きょうから3日間投稿の更新はできません。あしからず。
▼メルマガの若干の訂正と補足柴田哲孝著「下山事件」の本紹介で「国同民道右派」とあるのは「国労民同右派」の間違いです。「民同」とは何か法政大学大原社研のサイトをお読み下さい。

|

« TV「相棒」の「欠陥ヒーター」 | Main | 一人だから内風呂はもう立てない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« TV「相棒」の「欠陥ヒーター」 | Main | 一人だから内風呂はもう立てない »