« ◇「天空の草原ナンサ」を見る | Main | 冬はコートが重くて肩が凝る »

December 30, 2005

◇「ディック&ジェーン」を見る

▼頼りが途絶えて幾星霜、年末年始で帰省されているみなさんが多いのであろうか?メールもアクセス数もグッと減り、年内オール7の達成はおぼつきそうにない。先日Maさんから「絶対オール7取るからね」というメールを頂いた。これは本気だろうかと思って電話した、あっち(S浜の別荘)にはいつから行くの?とお聞きしたら29日からだという。どうーも調子よすぎる。Maさんは過去にも自分で勝手にキリ番と決めて、「ほら、珍しいでしょう。これがキリ番だよ」とおっしゃる。自分で勝手にキリ番を決められたら、わたしは破産してしまうのである。どーもこの分では1月2日当たりかなと思っている。RSSをやっているとトップページに入らず、直接ブログに入ってカウンターが回らない可能性もあるので、実数とは多少違うのかも知れない。それでここ数日はトップの画像を一日3,4回せっせと取り替えたり工夫をしている。
▼丸の内のミレナリオを撮影しようと思って昨晩も並ぼうとしたら、相変わらず2時間待ちだというから八重洲口で食事をして帰ってきた。しかしわたし同様貧乏人が多いので、ミレナリオでごまかしてしまのだろうか?今年やったら東京駅を改装するので4、5年は休止するという。わたしは今まで毎年行っていたが、もう再開の時まで生きていられるかどうか怪しい。
▼◇「ディック&ジェーン復讐は最高」ジム・ケリーは巨大IT企業に勤務するビジネスマンである。あるときビルの最上階にある社長(アレックス・ボールドウィン)室からお呼びがかかる、勇んで行くと会社の広報担当重役にするという。喜び勇んで出かけると広報担当重役にするという。もう自宅の庭は高級な芝を張り、プールまで作る準備をする。最初の仕事はTVのマネー番組に出てキャスターと会社のPRの話をする事だった。これは現実にある番組でキャスターもホンモノ、そしてあのラルフ・ネーダーも登場してやっつけられる。実は会社は社長(アレックス・ボールドウィン)が株を売り逃げして倒産していたのだ。そうなると庭の手入れどころではなく、失業だ。妻(ティア・レオーニ、もう40歳になるが近眼で潤んだような眼が好きだ。最近はウディ・アレンの「さよならさよならハリウッド」に出ていた。)妻にも仕事を辞めてしまえと言った手前必死に仕事を探すがどこにも、役職者の仕事などない。仕方なくメキシコからの不法滞在者と一緒に3Kの仕事をするがうまくいかない。夫婦は残されたのは強盗しかないと、息子の水鉄砲をもってコンビニや銀行強盗を試みるがいずれも失敗する。そんな時、逃げている元社長が売った株をマネーロンダリングしようとしていることが分かる。そしてサインを偽造してまんまと振り込む大金を、かすめ取る。そして会社の株で年金を運用しようとしていたが、倒産で失意の底にあった人たちにそのカネを当てる、というお話し。「スティング」など奪ったカネを当事者だけのものにしてしまう映画が多い。しかし今回のように社長から奪い返して社員一同にばらまくというのはさわやかな発想で、共感が得られるだろう。頂いたチケットで年内最後の映画館に行ってきた。

|

« ◇「天空の草原ナンサ」を見る | Main | 冬はコートが重くて肩が凝る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ◇「天空の草原ナンサ」を見る | Main | 冬はコートが重くて肩が凝る »