« ◇ヒルズで「タブロイド」を見る | Main | イラクに出発した第一空挺団 »

January 31, 2006

「高血圧は薬で下げるな!」を読む

▼『鍵盤乱麻』読者のみなさまにわたしが5年ほど使っていたテレビを差し上げます。
機種はソニーのブラウン管方式でKW14AF1という物です。地上波のチューナー内蔵でリモコンと取説があります。高地自宅の玄関まで引き取りに来ていただける方に無料で差し上げます。取り置き期間は本日から1週間です。
▼浜六郎医師著「高血圧は薬で下げるな!」(角川書店)を読んだ。浜氏は「週刊金曜日」に同じ薬の功罪について執筆している人だ。いや実は両親を見ていると、わたしが5年ほど血圧の降下剤を飲んでいることが怖くなってくる。自分も最後はあのようになってしまうのだろうか、という恐怖感が最近襲ってくる。わたしが行っている病院の医師は勘違いがあるし、わたしの滑舌、倦怠感や飲んでいる薬につて説明を求めても何も返事がない。
▼浜の著書によるとこういう事だ。日本人の標準血圧が85の130に引き下げられたのはアメリカの基準がそのまま持ち込まれたためだ。加齢とともに血圧が上がる事は当たり前で、他の病気がなければ100の180まで治療はいらない。では降圧剤を飲んだことによる疫学調査というのは、日本では1件だけで他にはない。14年の疫学調査があるのだが、それによると高圧剤を飲み続けた人の方が、飲まない人より死亡率が高い。もう一つ自立率も調査しているのだが、これも飲まない人の方が自立率が高いのである。本来薬は飲むことによって血圧が下げられ、他の病気にもならず、80歳以上になっても自立して暮らせる事が本来の目的であるはずだ。ところが現実には逆に痴呆症を増やし、がんも増やしてしまっている。
▼コレステロールさえ下げられれば薬は必要ないというのが結論だ。わたしは食事の工夫でコレステロールは確実に下がった。だとすると本書にある段階的に薬を減らして止める方法を取るのが正しいという結論になった。昨晩某読者が母の事を心配して「同じ病気にならないように」とメールを下さった。医師の明確な説明が求められない以上、惚けて長生きなどしたくないので、これしかないと思った。わたしはこれから4月まで3ヵ月かけて薬を止める計画を立てた。

|

« ◇ヒルズで「タブロイド」を見る | Main | イラクに出発した第一空挺団 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ◇ヒルズで「タブロイド」を見る | Main | イラクに出発した第一空挺団 »