« 雑誌の占い話は当たるのか? | Main | 外は銀世界でネコは喜んでいる »

January 20, 2006

年寄りを目の前に寝たふりをする力士

▼本日『鍵盤乱麻』メルマガ発行日です。投稿してくださる方は午後8時までにメールをお送り下さい。既報のようにメインのパソコン不調で修理に出しております。いちおうアドレスの変更のお申し出のあった方は登録をしなおしてあります。もし送信時間の午後9時になっても届かない場合はご一報下さい。
▼17日に沖縄嘉手納基地所属のF15が沖縄近海で墜落した事故があった。TBSラジオを聞いていてその第一報を聞いたのだが、キャスターである荒川強啓は「パイロットを育成する費用は戦闘機よりも高いから、すぐ脱出させるんですってね」の一言のコメントをしただけだった。19日にはその原因の追及もしないまま、F15は飛行訓練を再開している。これではまるで戦前の中国に作った租借地か、大昔の黒船が来た当時の治外法権と同じである。さらに荒川が、日本人や漁民に怪我がなかったかどうか心配もせずに米軍パイロットの身の上だけを案じたコメントも、植民地根性丸出しである。
▼昨日総武快速線は何か事故があったようで、鈍行がいやに混雑していた。わたしは10時過ぎに鈍行上りに乗車したのだが、普通座れるのにおかしいなと思った。目の前の3人掛けの席には二人のまだ20歳前後の力士が鬢付け油の匂いをプンプンさせて座っていた。東京に近づくにしたがってお年寄りりも、彼らの目の前に立つのだが、二人とも寝たふりをしている。お年寄りに席を譲れば、大相撲の人気も高まるし、彼らの体力づくりにも役に立つのにと思って寝たふりを続ける二人を眺めていた。
▼これら2件はわたしが自己満足で書いているのではなく、該当するTBSラジオと、日本相撲協会にメールを出してあります。

|

« 雑誌の占い話は当たるのか? | Main | 外は銀世界でネコは喜んでいる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 雑誌の占い話は当たるのか? | Main | 外は銀世界でネコは喜んでいる »