« 近松門左衛門とモーツアルト | Main | 新宿でHP研究会の1月例会 »

January 13, 2006

体重よりもウェスト周り

▼CPUファンが故障したパソコンをメーカーに送って早1週間。日中でも連絡が付く方法を書くようにとあったから、携帯からメールアドレスまで明記したが、一言も言ってこない。やはり遠隔地のメーカーのパソコンは送料もかかるし、サービスも充実していないので、買うべきではなかったと今頃になって悔やんでいる。パソコン雑誌に掲載されていた、エプソンなど仕事に支障があるといけないので1日で直すと言っている。やはりデザインは悪くてもこっちにすればよかった。
▼今朝の特筆すべきニュースはある程度予想されていたが、ニコンのフィルムカメラ撤退である。わたしも昨秋熟慮したあげく、今後自分がフィルムカメラを使う見込みはないと思ったのでF5は手放してしまった。わたしはコレクターではないので、使わないものを持っていても仕方ないのである。しかも長くもっていると評価は日ごとに下がっていく。ニコンは今でもフィルムのみならず、デジカメ部門でキャノンに押されている。キャノンはカメラ以外にもバブルジェットプリンターから業務用レーザープリンター部門で先行しているので、新しい技術開発にも資金を投入できる。ところがニコンは新聞社御用達だけを振りかざして、修理にも新聞社を優先させ、我々一般カメラの修理にひどいときは一ヶ月くらい待たせたことがあった。その点キャノンは持ち込むとその場でなおしたり、長くても1週間以内でなおした。軍需産業御用達のレンズとカメラをつくってきた、日本工学は一般顧客を大切にしてこなかったから、こうなってしまったのだ。
▼先日昼の健康TV番組で体脂肪と痴呆との関連が指摘されていた。これはわたしが3年ほど出席させていただいている、メタボリック・シンドロームと関連する。つまり今までの健康診断では体重だけが問題化されていた。だが内臓に付着する脂肪こそが問題であるというのが、最近の医療研究の課題となっている。その簡単な調査方法というのが、このTVでも紹介されていた、ヘソ周りの寸法の計測によってある程度分かる。具体的に言われていたのはヘソ周りを計測して84cmが最大限度であることだ。アメリカで30年以上計測して追跡調査したところ、84cm以上の人は90%以上の確率で痴呆症になるという調査結果があるのだ。わたしはちょうどぎりぎりのところだ。心配な方は毎朝起きる時に計るとよい。ただし女性の場合は経産の有無とかホルモンのバランスがあるから、これを機械的に当てはめることはできない。
▼父の場合は老人性脳萎縮症だから、痩せている人だが、これには当てはめられない。わたしもこのまま行ったら、ああいう施設に入れられてしまうのかなー、と恐怖に怯えながら夕方になると毎日1時間はせっせと歩き、体重コントロールをしている。

|

« 近松門左衛門とモーツアルト | Main | 新宿でHP研究会の1月例会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 近松門左衛門とモーツアルト | Main | 新宿でHP研究会の1月例会 »