« 海賊と海軍は規模の違い | Main | 「ホタルの墓」は反戦映画ではない »

March 21, 2006

携帯をFOMAに変更する

▼先週からの約束で指定の時間に約束の場所に着くべく電車に乗って一駅進んだところで携帯が鳴る。車中他の乗客の皆さまにちは失礼とは思うが、受信応答する。すると相手方は「都合により今日の約束を明後日にして欲しい」とおっしゃる。必要な道具一式を持ってここまで来たら仕事を済ませてしまいたいが、やむを得ない。
▼隣の駅で降りて振り出しに戻る。そして明日の仕事を繰り上げて行う。それは午前中で終えて、必要な仕事は携帯メールで連絡し、かつ完成したものはメールでお送りする。そして最後はファクスで締める。
▼ケアマネージャーさんには昨日ファクスを送ってあるので、きょうの打合せはスムーズに進んだ。しかし親と言えども本心を聞き出すのはとても難しい。とくに長野という田舎で、決して本心を明かさずに生きることを強いられた母の場合、何が本音か見当がつかない。それはケアマネさんも言ってる。さて残りの時間を有効に使うには何をすべきか?「そうだ、京都へ行こう」というのはJRのCM。そちらには4月1日に行く予定だレポートと写真をお楽しみにしていただきたいのである。もうしだれ桜は終わってるかな?そうだ携帯をMOVAからFOMAに替えよう。普通は10分から15分で変えることができるが、わたしはデュアル・ナンバーなど事情がいろいろあって5時間ほどかかった。使い方?操作が難しくて、わかんないよー。
▼今回の変更は6000円でおつりがきた。目的は全国どこに行ってもインターネットカフェを探さなくても、ブログの更新ができることだから、当面はそれだけ出来れば良いとする。
▼そんなわけで春分の日も通常勤務であります。「週刊金曜日」を見ていたら佐高信が「3つのお願い」というエッセイを書いていた。「4つのお願い」というのは、ちあきなおみの歌で1)「やさしく 愛してほしい」、2)「わがまま 言わせて」、3)「「さみしく させないで」、4)「誰にも 秘密にしてね」というのだ。
▼さて佐高の3つとは、「憲法改悪反対運動に対しての3つ」である。1)「憲法9条」云々というのでなく、9条の「9」の字も出さずに平和を語ることこそ効果的である。2)大きな声でなく、ささやくように語って欲しい。政党や組合の集会に行っていつも感ずるのは、やたらに大声で演説していることで、そんなのは自己満足にしかならない。3)一本調子ではなく、抑揚をつけて話して欲しい。ダラダラと長いのは、リズム感がなくて聴く方は厭になってしまう、というのである。これは文章表現においても同じだと思う。


|

« 海賊と海軍は規模の違い | Main | 「ホタルの墓」は反戦映画ではない »

Comments

The comments to this entry are closed.