« ◇「アメリカ、家族のいる風景」を見る | Main | 携帯をFOMAに変更する »

March 20, 2006

海賊と海軍は規模の違い

▼イラク攻撃が始まって3年になるがみなさん何か行動をなさっただろうか?もしかしてもう忘れてしまった?高遠菜穂子さんのブログを見ていただくと、何の罪もない子どもたちが無差別爆撃によって殺害されている様子や写真が掲載されている。3年前も雨で寒かった。別にデモに行かなくてもいいから、アメリカ製品を買わないとか、まだ無差別攻撃で殺されている人がいることを忘れないでいただきたい。日本のメディアはスンニ派とシーア派の主導権争いのことばかり掲載している。しかしそれは本質のすり替えであると思う。そんな気持ちもあって、1面に土曜日に行われたデモ行進の写真を掲載した。
▼リラックスできるのはどうすることか?MINさん宅で新年会を開いたとき、「さあ楽にして」と云ったら遅れて参加した読者がもじもじしていた。さらに「楽にして」と云うと「靴下を脱いでいいですか?」とおっしゃった。いや実はわたしも靴下を脱がないとリラックスできないたちなのだ。家では真冬でも素足。スリッパは買ってもらってあるが、余り履かないので、「ジャマだ」と云ってどこかに仕舞われる。わたしは映画は絶対一人で行く、『鍵盤乱麻』の読者でもわたしと一緒に映画を見た人は男女各一人しかいない筈である。一人の時はまず席を確保すると靴と靴下を脱いで素足になる。そして先日のミュンヘンの時など、雨が降っていたのでゴム長で映画館に行った。レイトショーなので客は200人の席に10人足らず、素足になって前の椅子の隙間に足を入れて、いささか他人様には見せられないが、これが一番リラックスした鑑賞スタイルになる。
▼◇「ぼくたちでなければ」NHKBS18日深夜放送、1988年ソ連が崩壊する1年前の映画。また中学生くらいの二人の少年たち、小遣いを稼ぐために街角に立ってバンドネオンを弾き、いかにもという哀愁を誘うロシアの昔の歌を聞かせている。ところが不良やホームレスに襲われ、カネは奪われ楽器は壊されてしまう。二人がやったことは不良のマネをする事で近くのデパートに忍び込んで高級ブランド品を盗み、筏を使って検問をかいくぐり逃走に成功する。しかし売買で足が付き、年長者の少年は矯正収容所に入れられ、若い少年は普通の学校に入る。だが後者は自分の為に年長の少年が捕まってしまったのではないか、という自責の念にとらわれ続ける。再び一人で街頭演奏をする中でホームレスにも襲われるが、ロシア正教の僧や元刑事に知り合ったことで自分の居場所を見つけていく。ソ連崩壊の1年前の作品だが、その猥雑な日常生活は終戦直後の日本のようであり、犯罪などはアメリカと全く変わらないことが分かる。
▼◆「日高義明ワシントン/米最新空母の攻撃力/美人操縦士」東京12ch19日午後4時、「美人」の言葉に釣られてついつい最後まで見てしまった。登場する「美人操縦士」とはケイト・ブランシェットそっくりのヘリ操縦士だった。それはともかく空母とはマラッカ海峡を通過するレナルド・レーガンだった。あのアホ大統領がなぜ空母の名前に冠せられるのかアメリカとは分からない国だ。問題は一つの攻撃ヘリだ。それは本来レーダーサイトを攻撃するものだが、携帯の電波も傍受し、必要ならテロリストが乗っ取る放送局も攻撃するという。マラッカ海峡の海賊が空母を襲うことはないが、それもまた我々の敵となりうる、と発言したことだ。やはり某美術史家が云ったように、海賊が国家のお墨付きをもらったら、それは海軍になるというのは至言である。

|

« ◇「アメリカ、家族のいる風景」を見る | Main | 携帯をFOMAに変更する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ◇「アメリカ、家族のいる風景」を見る | Main | 携帯をFOMAに変更する »