« 介護計画のこと。 | Main | 八戸の八食センターで »

March 07, 2006

疲れ切っても日帰りで八戸に行く

▼仕事がたまっていて、いつまで立っても終わらない。見積もりとか、校正の連絡などをくり返してたらそれだけで午後10時を過ぎてしまった。というのはこの10日間ほどビデオやVDVを、ためたままになって全く見ていない。これを見終えるためにはそうするか?PSPを買うか。Ipodの新しい録画再生を出来るものを買うか?まぁそんなバカげたことはしない。見る時間がなければ消せば良いのだ。ポータブルDVDプレイヤーにしても電池の保ちがせいぜい2時間半だ。きょう見たいな日に持っていっても、片道すら再生できない。昨日のアカデミー賞も録画したが5時間もあるので、いつ見たら良いのだろう。わたしはアカデミー賞信者ではないので、中身はどうでも良いが、あれを見ていると俳優の名前を覚えることができる。それとスクリーンとは違って素顔はこんなだったのかと思う。
▼それで今日は本日締め切りの仕事を一つ抱えていく。持っていっても出来ないとは思う。昨日の段階ではパソコンも持参しなければならないかと思ったが、それは午後7時半に終了した。八戸にインターネットカフェはあるのだろうか?先日あるところで聞いたら「あちらは寂しいところだよ」と云っていた。果たしてどんなところなのだろう。
▼この10日間ほど、かなりストレスのある仕事をしていた。最初の勝海舟と徳富蘇峰は良かった。ところが「田中正造と福澤諭吉&丸山眞男」になると話は面白そうなのだが、肝心な声が聞こえてこない。これですっかり消耗してしまいました。それでも福澤諭吉がいかにアジア人を蔑視した発言をしているか分かる。そして丸山眞男も先の太平洋戦争で日本が海外で行った被害には目をつむったままだということが分かる。週末はシネマの締め切り日を控えているので、少なくとも土日で3本以上の映画にいかなければならない。きょうが、その気分転換になれば良いのだが。

|

« 介護計画のこと。 | Main | 八戸の八食センターで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 介護計画のこと。 | Main | 八戸の八食センターで »