« 佐久平は桃源境のよう。 | Main | 変わった精神科医の事 »

May 04, 2006

東御市の友人宅に泊まる。

▼父が入院している病院に見舞いに行く。いつもとは違う顔ぶれだったせいか、愛想を崩して笑顔を見せた。前の日と余りにも違うので母も驚いていた。15分程いたら、不自由な口調で「余りに遅くならないうちに帰るように」と話すので、さらに驚く。
▼夕方から、東御市にある鍵盤乱麻の最初頃からの読者であるシラクラさんの実家にきた。夕食は庭にある、蓬、ウド、アスパラ、韮、土筆などを採って天麩羅にしてくださった。夜八時すぎてから近くの湯楽里館(ゆらりかん)という所に連れて行ってもらう。ここはわたしが今まで行った立ち寄り湯で、一番立派なところだった。ここには、「おらほのビール」(長野佐久地方の方言で、俺の地方のと言う意味)。というものを売っていた。この近くにあの、玉村豊男がワイナリーを開いている。彼のやっていることはユニークで、画期的だが、地元との融合をしていないので評判は良くない。帰りに地酒と地ワインを買って来て、秘蔵のチーズを頂いて夜遅くまで宴会をひらいた。
Kouchi(Mobile)

|

« 佐久平は桃源境のよう。 | Main | 変わった精神科医の事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 佐久平は桃源境のよう。 | Main | 変わった精神科医の事 »