« ◇「親密すぎるうちあけ話」を見る | Main | 割り箸は使わず持参せよ »

June 19, 2006

今なぜテポドン2号か?

Kenss昨日の検索用語一覧、クリック。
▼休日だからアクセス数は2割減だが、実に色々な検索用語で、当サイトを訪れてくださっている。まずこのことに感謝するが、わたしのブログはなぜか検索対象に入っていないようだ。
▼いやはや昨日のサッカーバカ騒ぎにはついて行けない。「今から教えるクロアチアに勝つ方法」「勝ちTプレゼント」果てはヒロシをドイツまで派遣して、サッカーをする子どもに手巻き寿司食べさせて日の丸の鉢巻配って応援を頼むなど、悪のりも度を超し得ている。勝ちTなんてもう負けTで露店でたたき売りされるのは目に見えている。こんなの恥ずかしくって着ることなんかできない。何か国粋主義を煽る最大のチャンスとばかり、大騒ぎした結果が、「決勝T進出不可能」という今朝の新聞のみだしだ。本当に決勝に出ることが出来るとでも思っていたのだろうか?
▼夜のフジTV「人物ライン・スタメン」だが爆笑問題のコメントが気に入っていて、時々見ている。だが昨晩のトップ話題はテポドン2号の打ち上げで、サンケイ新聞と、CIAの情報を仰々しく取り上げて、司会の阿川佐和子は、コメンテーター二人が「そんなはずない」と強調しているにもかかわらず、「日本が標的」「日本におちたら」とばかり発言する。週刊文春のインタビュアをしているが、それほど賢そうではないし、「カエルの子はカエルの子」で右翼的文化人の血は争えないと思った。
▼ではなぜこの時期テポドン2号なのか。以下「週刊金曜日」で2回にその特集が掲載されているが、それにわたしの意見を付け加えて予想を書く。実は青森県の三沢基地の西へ約80kmの場所に車力というレーダーサイトがあり、この夏ここに米軍のXバンダーという高周波レーダーが急きょ設置されることになった。Xバンダーとは高周波レーダーだ。高周波は他の電波が直進はしないが遠くまで届く。アメリカはこのXバンダーを5000キロから6000キロの遠くまで届かせることが出来る。Xバンダーはまだアメリカ国内にも一基しかない。この簡易型が千葉の自衛隊嶺岡基地で、メーカーと一体になって技術開発が進められている。これはXバンダーを補完する意味で、そのうち国内に配置される。
▼車力は北朝鮮が長距離ミサイルを発射した場合、アメリカに通ずる飛行コースの真下にあり、ミサイルが米国本土に行くのか、グアムか、それとも日本国内の基地に向かうのかいち早く察知できるのだ。夏に配備を完了するのだから、北朝鮮は自国が標的にされたと見るのは当たり前だ。三沢にはF6が2個中隊40機が配備されている。5,6年前の北朝鮮の「危機」があったとき、自衛隊は決死隊で北を攻撃する実戦計画を立てて研究していた。だが攻撃は出来ても無事離脱する方法がない、という結論になった。米軍はF15Eにバンカーバスターを積むと言われ、この爆弾も実は配備済みだ。バンカーバスターとはベトナム戦争でトンネルの解放戦線を攻撃する目的で開発された。最近ではタリバンとかフセインの地下壕を破壊する目的で実際に使われた。その性能とはバンカー(壕)バスター(破壊)という名称のように地下に7メートルのコンクリート地下壕があっても破壊出来るとされる。この目標とするのは、北のミサイル基地で攻撃した後、沖に待機させている航空母艦に着艦させるのだ。
▼青森で米軍の戦闘機が山肌スレスレの飛行訓練をくり返しているのは、北のレーダーサイトに補足されずに近づき、バンカーバスターをテポドンミサイルのサイロめがけて発射して破壊するというのが米軍の作戦だ。だから合い口を喉に突きつけられているのは北側だ。それを黙って見ていることはできず、自国のミサイルの性能を見せつけてやろうというのが、今回のテポドン2号の発射なのだろう。
▼「週刊金曜日」ではXバンダーの近隣住民にあたえる健康被害、もし六ヶ所村の核廃棄物処理施設にバンカーバスターが間違って発射された場合、日本は壊滅的な被害を受け、近隣住民は1週間以内に27万人死ぬとかというシュミレーションがでている。こちらの方に興味のある方は買って読んで欲しい。
▼明日20日午後8時はメルマガ締めきり時間です。お忘れなく。

|

« ◇「親密すぎるうちあけ話」を見る | Main | 割り箸は使わず持参せよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ◇「親密すぎるうちあけ話」を見る | Main | 割り箸は使わず持参せよ »