« 若年性アルツハイマーを防ぐには | Main | 熱川ハーブテラスに立ち寄る »

June 11, 2006

所用で伊豆熱川に来ている。

Odorikogo熱川の踊り子号
▼9時25分発の踊り子号に乗った。このまま東京駅までいっても良いが、午後の仕事に間に合わなくなる可能性がある。危ない橋は渡りたくない。仕事の器材一式は昨日からバッグに詰めて持ち歩いている。困った事に昨日道路を歩いているとき、躓いて転んだ。身体は何ともなかったが、一眼デジカメD2Xのチタンボディに罅が入ってしまった。写真は撮影できるが、修理にださねばならん。もちろん高いカメラだから、保険にも入っているが、落下事故は一番多いのか免責事項になっている。チタンが割れるなんて余程の衝撃だったのだろう。それとも人間の身体に傷一つなかった事を喜ぶべきなのか?このまま東京駅まで踊り子号に乗っていくと、11時50になる。それでは危険なので、もったいないが熱海で新幹線に乗り換える。ああ果たして修理代はいくらかかるのであろうか?おそらく一月分の稼ぎはなくなるだろうな。宇佐見近くを走行中。
▼肝心の仕事は読者各位のご協力を得て午後4時過ぎ無事終了した。
▼やはり土日になるとアクセス数はグンと減る。昨日の外国からのアクセスは南米某国からお一人様。本日米国からお一人様。
Kouchi(Mobile)

|

« 若年性アルツハイマーを防ぐには | Main | 熱川ハーブテラスに立ち寄る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 若年性アルツハイマーを防ぐには | Main | 熱川ハーブテラスに立ち寄る »