« ベトナム戦争とジャーナリスト | Main | ◇「URINARA祖国」を見る »

June 02, 2006

野球場に飛びこむ元気があるなら

▼昨晩の横浜とホークスの試合を、ご覧になった方はいらっしゃるだろうか?9回裏1死で球審と塁審がそれぞれ「フェア」、「ファウル」と違った判定を出した。ホークスの選手は試合終了が宣告されたので、さっさと引き上げた。しかし怒った一部の横浜ファンは、球場になだれ込んだ。しかしこういう単細胞のファンの行動というのは、つい笑いたくなる。実際のこういうい場合の処理方法は、主審と塁審が集まって協議するというのが正しいらしい。
▼わたしがまだ幼少で、小学校に入学する前のことだ。祖母と叔母が隣町の映画館に連れて行ってくれた。何か恋愛ものだったらしいが、女性をしつこく追い回すスクリーンの男優に向かって、立ち上がって大声を上げて「やめろ」とか叫んだという。これはしばらくの間、親戚の笑い話になっていた。野球場に飛びこんだ横浜のファンを見て、ふとこれと酷似していることに気づいた。
▼今国会では不成立になる、と言われていた共謀罪。自民党案は引っ込められて、民主党案を丸呑みして、今日2日にも成立する見込みになった。民主党案のポイントとは、共謀罪の対象を「性質上国際的で懲役・禁固6年超の犯罪」に限定したことだ。しかし戦前の悪法である治安維持法だって、最初最高で「死刑」という項目はなかったが、法律が成立してから後で付け加えられた。国会の答弁では「目配せしても、共謀罪になる」という政府側は発言している。例えば「審判の判定が気に入らないから野球場に飛びこもう」と隣の友人と目配せしただけでも、「逮捕」されてしまう。もし今も野球場に飛びこむ元気があったら、その人には国会に飛びこんで、共謀罪の審議をストップさせてもらった方がよい。民主党のアクセス方法は「読者の広場」に出ています。
▼このところ『鍵盤乱麻』トップページにある、アクセスカウンターの動きが悪い。わたしが使っているニフティのブログでは、4月から「アクセス解析を無料でつける」と3月頃から予告してきた。しかしシステムを変える段階でトラブルが続いている。わたしとニフティのつき合いは20年以上になるが、最初はパソコン通信で文字を送る速度が1200だったから、送受信の文字が読めた。ニフティは会員拡大をするのと同時に、パソコン通信からインターネット化する対応が大きく遅れた。言ってみれば老舗旅館が本館に新館それに離れ家といったように、渡り廊下で無計画に増築しているのに似ている。それでニフティブログは現在「ログ解析」は棚上げされ、システムの復旧に必死になっている。料金体系を有料のブログに切り替えれば、ログ解析もついてくるが、わたしは今のところ様子を見ている。
▼それでニフティを待っていてもいつの事になるか全く分からないので、独自にログ解析をはじめた。それによればブログへの29日のアクセス数80件、30日89件、31日98件、6月1日92件となっている。これはブログをみなさんが「お気に入り」に入れてくださっている結果だと思う。だから実数との差は約4倍あるということになる。ブログ導入したのは04年6月で、本格的には昨年2月で延べ15ヵ月になる。当時6万番台だったので、現在との差は23000番、その4倍つまり今日あたりは実数91932番ということになろう。実態とは1万番の差があるのだ。

|

« ベトナム戦争とジャーナリスト | Main | ◇「URINARA祖国」を見る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベトナム戦争とジャーナリスト | Main | ◇「URINARA祖国」を見る »