« ワールドカップ大安売りの酒場 | Main | ◇「母たちの村」を見る »

June 24, 2006

久しぶりに岩波ホール

にきている。休日は朝早くからディスプレイを見る気にならない。TV占いによると今朝のわたしの金運は最高だとでた。家族から宝くじでも買うと良いと言われる。帰りがけに東京都の宝くじを買ってきた。
▼今朝の朝日新聞第二社会面の片隅にXバンドレーダーが三沢に搬入されていたが、2日早く23日未明航空自衛隊車力駐屯地に設置されたという記事が出ていた。記事によると2日前倒しされたのは、北朝鮮のテポドン2号の発射と関連あると見られるという。はて最近よくこの「前倒し」という言葉を聞くが、」この記事を書いた記者は言葉の使い方知らないのではないかと思うgooの辞書で見ると案の定「予算で、主要な収入支出が、年度の早い時期に計上されていること」とある。だから日程を2日早めてと書けばよい。前倒しの反対語は何なのか「後送り」か「後倒し」かそんな言葉は出てこない。上記サイトで調べるとXバンドレーダーとはアメリカのNMD計画(ミサイル防衛網)の一環として開発されたものだ。自衛隊嶺岡基地で実験している写真を見たことがあるが、大きさは同じくらいだが、平面的になっていたように思う。
▼さて問題となるのはアマチュア無線機から放送局、それにレーダーなど、日本国内で電波を発射するにはすべて電波監理局の落成検査を受けて出力は厳しく検査される。半年前にも都内で無線の混乱事件が起きて、それはどうやら横須賀に停泊している米艦がレーダーの出力検査をしたためだ、というところまで辿り着いた。しかしその先の立ち入り検査は出来ない。電波監理局にある優秀な不法電波探知機を使えば数分で、その場所は特定出来るはずだ。なぜ出来ないかというと「日米安保条約に基づく地位協定」という法律があり、実質的にアメリカの治外法権を認めているからだ。さらに記事の中で運輸省が運用にあたって航空機の飛行禁止区域設定を行ったとある。アマチュア無線でたかだか100ワットくらいの固定局を開局するにしても、電波監理局の係員が実際やってきて落成検査はかなり厳しい。それなのにXバンドレーダーは東奧日報などの記事を見るとかなりの高出力であると推測している。飛行機が飛べなくなってテレビ画像が乱れるという位だから数キロワットになるのだろう。やりたい放題とはこのことだ。
▼来月7月15日(土)午後5時から、シルクロードに行ってきたニシさんの報告会を開きます。パソコン大好き人間でとても気さくな方です。撮ってきた写真を多数見せてくださるというのでお話共々ご期待下さい。「母たちの村」の事は明日書く。
Kouchi(Mobile)

|

« ワールドカップ大安売りの酒場 | Main | ◇「母たちの村」を見る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワールドカップ大安売りの酒場 | Main | ◇「母たちの村」を見る »