« 古銭の価値やいかに? | Main | 日韓条約と北朝鮮の立場 »

July 07, 2006

8月公開の「フラガール」

▼昨日から入谷で朝顔市が始まっている。毎年行っているので何とか都合をつけて顔を出したいと思っている。
▼帰宅して新聞を見たら本当に右から左まで、北朝鮮のミサイル発射に口を極めて批判の声をあげている。まぁ政治の世界だから、選挙で揚げ足を取られないようにこうなってしまうのだろう。
▼スパリゾートは面白かった。友人の一人に事前にここに行く事を話したら、「炭坑の見学コースがある」という事だったパンフレットにはないが、それも見たかった。従業員さんに聞いたのだが誰も、「ここにはそういう物はない」とクビを傾げる。いわき市か何か全く別の場所に行くとそういう物があるという事だった。大牟田だけでなく、こちらも炭坑は過去の遺物になってしまっていた。
▼このスパリゾートのフラガールの事は2年ほど前にNHKの正月番組で紹介された。炭坑の経営者も労働組合も一体となって、働いている人の雇用を守ろうと奮闘した話だ。熱帯植物が寒さで枯れようとしたとき、炭坑住宅に住んでいる人たちが、自宅からストーブを持ち寄って暖めて守った。そして問題はフラダンスをする女性たちだ。高校生を説得して舞踊の先生を呼んで(映画では松雪泰子)どうやら踊りらしきものにする。他に豊川悦司が出演する。有楽町のシネカノンに行くと予告を見ることが出来る。
▼フラガールによるショーは午後4時、午後8時、そして翌日午後2時半と3回あった。午後四時はフラガールによるマジックショーでは「写真撮影ならびにビデオ撮影は禁止」だった。後のショーはどうかと思っていたら、そちらは「禁止」とは一言も言わなかった。これはきっとマジックの手口がばれない対策ではないだろうか。夜の部は50分あったがそれこそフラ美女の乱舞である。その美しさに口をあんぐり開けたまま閉まることはなかった。わたしはどちらかというとこういう場合、背が高くお目めぱっちり系に弱い。この夜の部の席は中央よりやや後ろだった。どうしてこうなのか翌日昼の最終回で確かめようと前から2列目に座って確認した。ワーオー、みんなアイシャドーが目の倍くらい塗りたくっている、そして付け睫も上下につけていることが分かった。なるほど秘密はこれであったか?そして踊り子さんは観客に怪しい流し目を送る。夜目にこれをやられたらみんな参ってしまうに違いない。わたしは化粧の真相が分かってホッとした。温泉の事?それはMINさんにお任せする。
▼昨晩NHKBSで寝る前にウィンブルドン女子準決勝を見た。シャラポアとフランスのモレスモだ。モレスモは体型が逆三角形で、顔もどう見ても男だ。もしかしたら性転換手術をしたのではないかと思うくらいだった。もうこれは体力差でシャラポアは敗退した。
▼ソフトバンクの王監督による、4日夜の試合の采配について昨日アップした。ただこれは5日朝書いた原稿で、監督の病気と手術については一切発表がなかった時点なので、ご了解いただきたい。

|

« 古銭の価値やいかに? | Main | 日韓条約と北朝鮮の立場 »

Comments

The comments to this entry are closed.