« 「敵地攻撃論」を煽るのは誰か? | Main | ◇「無人の野」を見る »

July 13, 2006

ボクシング好きなアメリカ人

▼打合せでブログを書いている友人に電話したら、「もう書くことがなくなってしまった」とおっしゃっていた。わたしもどうしても書けないときもあるが、もうこじつけか後は自分の好きな事を書き続ける。10万ヒットまでいったら土日は休みの隔日刊くらいにしようと思っている。ニフティのブログはトラブル続きで、根本的なところが悪化するばかりだ。タレント会員ばかり増やしているが、肝心の古くから苦情が殺到している。わたしも苦情を書いているが、梨の礫。慇懃無礼で見方によっては揚げ足を取られないメッセージが並んでいるだけで、「ガス抜き」の掲示板にしかなっていない。昨日はブログをアップロードしようとしたら、動かない。最初はこんな約束ではなかったとおもったが、文句を言っても仕方ない。最初は「読者の広場」に書いたが、毎日わたしのつたない文章を、海外からチェックして下さる方に申し訳ないので、急きょインフォシークと契約して30分ほどで「新ブログコーナー」を開設した。どうも使い方が分からないところがあるが、たった二日間だけ動けば良いと割り切っている。
▼月曜日の「ブラック・ホスピタル」と録画して見た同じ月曜日の「ER11」のテーマは偶然両方とも「脳梗塞」がテーマだった。しかしERの方はカテーテルを脳に挿入して、血管のつまりを取り除いてしまうから凄い。電車に乗るとJRと大手不動産会社が大月の先にある桂台という、分譲住宅の宣伝をしている。団塊の世代向けの分譲住宅らしい。この話も凄いが、車内の広告には、イラストで年取った寂しそうな老夫婦が庭先で浴衣を着て酒を飲んでいる。こんな不便なところに二人で住んで、歩いて行ける距離に医者や店はあるのだろうか?介護施設やデイサービスは自治体でやってくれるのだろうかと、余計な心配をしてしまう。もう一つの広告のイラストでは100坪の庭で家庭菜園をすれば、こんなにたくさん野菜が採れるというイメージだ。だが野菜なんて種を播いただけでは、育たない。近所の農家で教えてくれる人がいるのか?上記ブログでは何やら山のなかららしいから、それも期待できそうにない。まったくJRも罪作りな事ばかりしている。
▼先日録画した見たなかに、「チャンプ」というアメリカのボクシング映画があった。一言で言えば離婚した男が小さな息子を育て、親父の威信を回復するために、リターンマッチをするという内容だ。アメリカ人って、どうしてこんなにボクシングが好きなのだろうか。「ロッキー」も5まで作ってしまうお国柄だからな。毎年1本はボクシング映画が公開されている。いずれにしても、艱難辛苦を克服して勝つか、負けるかしかない。最近の傾向として、「ミリオンダラー・ベイビー」のように死んでしまう、後味の悪い映画もある。この映画もチャンプは勝つが脳梗塞か何かで死んでしまい、小さな子どもを泣かせるので、見る物の同情を誘う。中国や日本では戦わずして勝つという美学があるが、アメリカというお国柄で叩きつぶすというのが、支配者の精神構造として好まれるのではないだろうかと思う。
▼先日見た「歴史は夜作られる」の映画を見ていてふと思ったのだが、「彼は有罪になる。フランスだからギロチンだろう」という言葉を英語で喋る。有罪は「guilty」でギロチンのスペルは「guillotine」断頭台という言葉の他に英国議会の「論議打ち切り」という言葉もある。わたしは専門家ではないので、分からないがラテン語の語源では何か共通するところがあるかも知れないと思った。
▼*本件に関して鵜の目さんから以下のコメントをいただきました。語源はあの機械?の考案者J.L.GUILLOTINE  FRANCE人にあるようです。(2006.07.13 08:54:42)
▼インフォシークに開設した特別ブログは、ニフティのメインテナンスが終了したのですべて削除し、元に戻しました。
▼15日(土)午後5時からMINさん宅で「シルクロードの話を聞く会」を開きます。美味しい日本酒も用意していただきました。ふるってご参加下さい。
緊急のお知らせ。明日14日午後7時から東京オペラシティ、コンサートホールで演奏会があります。演目はバッハのブランデンブルグ協奏曲1番、ヘンデルのメサイアから2曲などです。演奏:ゲヴァントハウス・バッハ・オーケストラ、ソプラノは森麻季のチケットを差し上げます。行っていただける方はチケットの受け渡し方法を連絡します。今晩午後11時までにご連絡下さい。その場合明日14日昼間に連絡の付く手段をお持ちの方で、『鍵盤乱麻』メルマガ読者&HP執筆者に限ります。

|

« 「敵地攻撃論」を煽るのは誰か? | Main | ◇「無人の野」を見る »

Comments

The comments to this entry are closed.