« 横浜銀蠅の嵐とキャンディーズの蘭ちゃん | Main | ◇「ラウル・カステルスの戦い」を見る »

August 21, 2006

アスピリンの怪

▼午前中仕事で多忙。午後まで待たれよ。
▼日曜日夜10時から6chで「世界ウルルン訪問記」という番組がある。この日ゲストの嘉門洋子がルーマニアの農村を訪ねていた。彼女はルーマニアの農家の姉妹と親しくなるのだが、そこのお母さんが採取したブルーベリーでジャムを作ってくれた。そのときジャムにアスピリンを入れるのだが、どんな効果があるか、というのが質問だった。アスピリンの中に入っているアセチルサリチル酸という物質が防腐剤の役割を果たすのだという。大きな広口瓶には錠剤を1個、小さなのには半分入れていた。はたしてそんな事をして危なくないのだろうかと心配になった。
▼入院したときERに二晩いたのだが、そこで延べ二人の患者さんが、血液検査をした結果医者に怒られていた。というのはアスピリンには。民間療法などで「血液がサラサラになる」と言われていて、患者が医師に相談することなく勝手に飲んでいるのだ。緊急で入院するとまず血液検査をするから、飲んでいることは一発で分かってしまう。逆にいうとサラサラにもなるが、出血したとき血液が中々止まらないというリスクも負うので、自分で勝手に飲んではならないのだ。

|

« 横浜銀蠅の嵐とキャンディーズの蘭ちゃん | Main | ◇「ラウル・カステルスの戦い」を見る »

Comments

The comments to this entry are closed.