« 慶事、刑事に「ご祝儀相場」 | Main | 「芸術の秋」とやらで案内状が来る »

September 08, 2006

「ご出産」の「経済効果」はいかに

▼昨日久しぶりにGさんと昼食をともにした。開口一番に「体調はどうですか」と心配してくれた。昨日の歩数計は1万6千歩だったが、こう暑い日の外出は疲れる。家に帰ってくるとぐったりして横になる。これは単なる夏の疲れかも知れない。階段は手すりにつかまらなくても降りられるようになったが、カーブを曲がる車を見ているとクラッとする。明日と明後日の土、日は連続休日出勤しなければならないので、きょうは体力の温存をしておこう。京成に乗ったら「V2を実現するロッテ応援ツアー」の広告が掲載されていた。今年のロッテは現時点で4位かな。逆立ちしても逆転は無理だろう。それと佐倉の歴博では10月3日から「鉄砲伝来展」を開くから何が何でもいかなければ。
▼メルマガ最新号で澤地久枝の本を紹介したなかで「文中にあった、「生きて虜囚の辱めを受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ」は軍人勅諭ではなくて、「戦陣訓」だったと思うのですが。」というご指摘をいただきましたが、その通りです。
▼先日「人間の条件」第四部を見た。3部は内務班のいじめがテーマで、「真空地帯」のように実に陰惨だった。第四部は「ノモンハン事件」だった。戦車が20両くらいズラッと並ぶのは壮観だ。砲塔を草や木で偽装してあるが、この時は自衛隊北部方面隊戦車隊の協力で撮影されている。おそらくM48かなんかであるはずだ。だからよく見るとT34はキャタピラを回す動輪が5個で大きいが、M48は6個で小さいのでその違いは一目瞭然である。それと主砲の形状も異なる。そんなことはどうで、第四部はかなりの迫力だった。
▼今朝のラジオを聞いていたらアナウンサーは「男のお子様を出産」と喋っていた。単に「男の子」で良いじゃないか。そんなにこだわるならいっその事「愛子ちゃん」を「ベルばら」の「オスカル」の様に育ててしまえば良かった。雅子さんも自分の責任でもないのに責められて可愛そうだ。
▼ついでに言うと「経済効果」というバカバカしい話。出産の経済効果が1500億円だってさ。そういうのをヨドバシみたいなあやかり商法というのだ。首都高の神田橋あたりを、地下に潜らせる案というのがあるらしい。それも経済効果○○億円と言われている。デパートのリニューアル合戦も、向かいの店が改装すると3年くらいして、相手の店もリニューアルする。客層は同じなのだから、一時的に客足が流れるだけで、2店トータルの売り上げは変わっていないはずだ。つまり国民の所得がアップしている訳ではないので、一部の冨が一時的に集中するだけなのだ。それは我が家の近くに建つ、新東京タワーも経済効果が喧伝されているが同じ事なのだ。儲かるのはコンサルタント会社だけであることを忘れてはならない。
▼肉が止められない方は無理して止めることはないです。まだお若いから新陳代謝が活発でしょう。それに体脂肪が多くなければ問題ありませんよ。

|

« 慶事、刑事に「ご祝儀相場」 | Main | 「芸術の秋」とやらで案内状が来る »

Comments

The comments to this entry are closed.