« 韓国映画◇「弓」を見る | Main | イーブックオフのポイントはDVDに化ける »

October 05, 2006

「薬指の標本」の原作本を読む

▼一昨日「薬指の標本」の標本を読んでいたら、眠ってしまった。翌朝気づくとあと20頁くらいで終わるところだった。映画のマージャンパイが散乱するところは、原作では和文タイプの活字が散乱することになっている。この描写はタイプを実際操っていない者でないと書けない。そして頬にやけどがある少女の登場するのは、本ではもっと速かった。映画でも洒落たシャンソンがずっと流れていたが、本を読んだ感じでは、ユーミンの作った「雨音はショパンの響き」を、小林麻美が歌っている風に感じる。
▼わたしは携帯のモバイルSuicaを使っているが、残り1000円になったところでチャージをする。昨晩チャージしないと、今日の移動に差し支える。夜10時近くにそれが気づき、Suicaのサイトにアクセスするとプログラムが新しくなったので、古いソフトを削除して、新しいプログラムをダウンロードせよと出た。約15分かかるとあった。右往左往しながらサイトに辿り着きダウンロードに成功した。そしてチャージをしようとしたら、「混み合っているからしばらくたってからアクセスせよ」と出た。随分勝手なヤツだと思う。
▼先日深夜にキーファー・サザーランドの「24」が2時間ほど放映された。宣伝だけは見ているが、ちょうど良い機会だと思って録画して見た。ところが始まって「イスラム過激派」という人物が白人の娘を誘拐した。そして「女を誘拐するのがイスラムの教えか?」というセリフが出てきたので、このドラマの水準が分かったので、それ以降は打ち切って見るのをやめた。わたしとてみなさんと同じ24時間しかない。見ようというTV番組はすべてHDDに録画して2倍速から3倍速で見て、判断すると時間が節約できる。
▼本日メルマガの締め切り日です。投稿される方は午後8時までに送信して下さい。いつも読んでいるだけのあなた!たまには書いてね。

|

« 韓国映画◇「弓」を見る | Main | イーブックオフのポイントはDVDに化ける »

Comments

The comments to this entry are closed.