« ◇「ブラック・ダリア」を見る | Main | アナログな人の日常生活 »

October 16, 2006

ヘルシアな人の健康法

Neco16初めまして、キジ猫がメスのNANAちゃん、黒がオスのハチちゃんです。どうぞよろしく。ハチちゃんはケージをすり抜けて脱出する事を覚えました。
▼昨日午後から夕方にかけてどなたからかファクスをお送りいただいた。自宅のファクスは送信専用になっており、受信はできません。その理由ですがC社のファクスなのですが、インクの値段がプリンターに比べて、タンクは小さいのですがかなり高いのです。それで詰め替えもやっていたのですが、現在は受信は止めています。このファクスは読みとる事が出来ませんので、開かずに削除します。お手数ですがわたしがお送りするメールの末尾にあります、020のインターネットファクスにもう一度お送り下さい。
▼昨日ついに隣の動物病院から仔猫二匹が我が家にやってきた。小さなケージを買い、持ち運びするバッグも買った。2匹は食欲旺盛で、ケージの中をところ狭しの暴れ回っている。ちょっと眼の具合が悪いので、点眼薬をつけるのも二人ががりで大変だ。これで我が家は4匹の、猫屋敷となりつつある。問題は今までいた2匹で、怖がって寄りつかない。それで落ち着かないのか遠巻きに部屋の外から様子を窺っている。近く最新画像を公開する予定なので、ぜひどなたか里親になっていただきたい。土日でしたらお見せすることも可能である。
▼ヘルシアな人の健康法。ヘルシアとはわたしの住んでいるマンションの隣にある、K社が作っているトクホの健康飲料である。今月発行の「日経PC」にはK社のYとういうヘルスケア事業部長が登場している。このヘルスケア事業部というのは、わたしの住んでいる建物から4mほど隣にある11階の建物の中にある。2年前竣工したときに一度だけ、地域住民向けに公開したことがあったので、一回だけ見せて貰ったことがある。そのときも「ヘルシア」がサービスとして出された。上記雑誌には「日本人の体質は簡単に変えられないから、内臓脂肪に打ち勝つには脂肪を貯めない食品が必要」だと説いている。そしてY氏もヘルシアだけ飲んで健康を維持しているのかと思ったが違った。健康を保つために出勤するとき、「二つ前の駅(おそらく両国、新小岩では遠すぎる)で降りてあるいている。週末もできるだけ時間をとって歩くことを心がけている」と言っている。やっぱりね、健康食品を飲んだり食べたりしているだけで、内臓脂肪が減るはずはない。まず食べないこと、次が歩くことなのだ。Y氏は夜9時を過ぎたら食べない、飲まないことにしているという。

|

« ◇「ブラック・ダリア」を見る | Main | アナログな人の日常生活 »

Comments

The comments to this entry are closed.