« メルカバ戦車はなぜ破れたか | Main | 「容疑者室井慎次」を見る »

October 24, 2006

NHKドラマ「魂萌え!」を見る

▼話題はコロコロ変わる。85年にヒットした島津ゆたかの「ホテル」という流行歌がある。なかにし礼が作った歌詞の一節に「あなたの黒い電話帳 わたしの家の 電話番号が 男名前で書いてある」携帯が普及している現代から見るお笑いだが、わたしはなぜこれが「放送禁止歌」にならないのか不思議に思っていた。土曜日に放映された「魂萌え!」を見ていてこの「ホテル」の歌詞を思い浮かべた。小説は既に読み終わっているのだが、主人公敏子(高畑淳子)の夫が死んで初七日の法要をしている最中、クローゼットにあった夫の携帯が鳴る。見ると「伊藤」(高橋恵子)という発信者の名前が出ている。恐る恐る夫が死んだ事を話すと相手は絶句する。まぁ7日間充電しなくても使える携帯というのはあり得ないとおもうのだが、それはお話だから良いとする。ある日夫の友人が焼香にやってきて、夫と彼は毎週木曜日、蕎麦打ちの教室に一緒に行っていた筈が嘘だとばれる。そして数日後、伊藤がやって来て、夫と伊藤の関係が赤裸々に語られる。小説は最後まで主人公と高橋の対決になり、敏子が今までの生き方をふっきるまでが描かれる筈だが、この3回連続ドラマは小説以上リアリティがあってかなり面白い。
▼昨日は150人近い方のアクセスがあった。そして検索用語の一位は27人の「無人の野」だった。前日NHKBSで深夜に放映された影響だろうか?

|

« メルカバ戦車はなぜ破れたか | Main | 「容疑者室井慎次」を見る »

Comments

The comments to this entry are closed.