« ハンガリーで活躍する昔の戦車 | Main | ◇「父親たちの星条旗」を見る »

October 28, 2006

締め切りを過ぎた原稿は「硫黄島」か

Dsc_00211
▼打合せのため、午後から某大学に行く。本を注文するためブックセンターに立ち寄ったら、マドンナYさんが対応してくださった。きょうは何と良い日なのだろうと思う。その後猫のエサを届け、さらにプリントアウトした里親探しのポスターとFDを渡してくる。
▼夕方編集会議。提案した歴博の鉄砲伝来展の取材がOKになる。来週の土曜日は大手を振って、種子島発射の様子を見学できるぞ。シネマの原稿締め切りが一日繰り上がった。1本は「ブラック・ダリア」で良いとして、初日に取材されたの、あれ「ぴあ」に載ったかな?近場で「硫黄島」でも行ってくるか。あのY和夫が、この映画に関してとんでもない事書いていたから反論しなければ。しかしこの「超」大作1本を見てきたら疲れ切ってしまった。本当はもう一本「トリスタン&イゾルテ」を見に行く予定だったが、近くのTOHOシネマで打ち切って帰ってきた。ホントにわたしは戦争映画が嫌いなのです。大砲の音などの時は耳を覆って観ているくらいです。新聞の原稿は書き上げるが、公開は明日のブログを待て!
▼夕刊新聞を眺めていたら「新庄が戦車に乗って自衛隊のCMに出演する」とか。電車の中には日曜日の競馬天皇賞関連の予想屋のCMが3つもあった。競馬には詳しくないがみんな「GI」と書いてあるが正しくは「G1」ではないのだろうか。

|

« ハンガリーで活躍する昔の戦車 | Main | ◇「父親たちの星条旗」を見る »

Comments

The comments to this entry are closed.