« 朝日新聞版「記者のモラル」 | Main | 父が危篤のため、新潟から佐久平へ »

December 05, 2006

みんな不足してしまう日

▼銚子電鉄の取材は広報から正式の許可が来た。現地に9時半頃には到着していなければならないので、K駅から特急に乗っていく。
▼日曜日夜は自分専用のシャンプーがなくなってしまった。これは「M印」のせっけんシャンプーでなければならない。するとシェービングフォームもなくなった。これはメーカーを問わない。昨日は印刷をしようと思ったら、プリンターのインクが切れてしまい、動かなくなってしまった。午前中は我慢して、昼食後K町のYカメラまで歩いてでかけた。ついでに仕事用の口座がある某金融機関に立ち寄ったら、残高はたった1300円で降ろすことはできなかった。年末だからさっさと請求書を送らなければいかん。もちろん買うのは詰め替え用のインクである。これは念のため2パックたまっているポイントで買う。ついでにティッシュペーパーもボックスの買い置きがなくなったので買って帰る。
▼夕方2匹の仔猫を道路の反対側にある、犬猫病院に連れて行く。生後初めてのワクチン注射だ。2匹で9800円。メスのナナちゃんは拾った時から右目が悪くて目薬を点眼していた。見て貰ったらかなりよくなっているが、網膜と瞳が癒着してしまっている。現時点でも日常生活をしていく分には大丈夫だが、将来緑内障にかかる確率が高い。ナナちゃんがあと20年も生きることを考えるならば、買い主の判断で手術をしてあげた方が良いかもしれない。現在は動物病院も専門化している。動物の眼科は上野にある某医師の腕が良い。必要だったら紹介状を書くから検査だけでもして、いつ手術したらよいか相談することをお勧めする、という。家族は迷うことなく「連れていく」と答える。今度が手術の募金を訴えなければならない。
▼獣医は「今晩は安静にして、シャワーも浴びないように」というアドバイスをしてくれた。しかし二匹の猫はそんなことはお構いなしに、夜中まで運動会をしている。シャクにさわったわたしは、「ハチ、お前今晩は安静にしていろと医者が言ってただろう」というと、家中お笑いになった。今晩午後8時はメルマガ締め切りです。
▼昨日のアクセス数は過去最高の240になる。何故か午後1時台のアクセスは50件になった。

|

« 朝日新聞版「記者のモラル」 | Main | 父が危篤のため、新潟から佐久平へ »

Comments

The comments to this entry are closed.