« 高い手帳は意味があるのか | Main | 電車の中の健康飲料のCM »

December 13, 2006

究極のアイマスクを探す

▼「情報をどうやって整理するか?」というような、ハウツー本を読むのが好きである。中にはろくなものがないので、じっくり立ち読みしてから、買うことにしている。最近読んだのは小川龍介の「TIME HACKS!」である。この中にはいくつか面白い話があった。一つは安眠マスクである。現在も2つアイマスクを持っている。一つはアウトドア店で買ったもので、はっきり言って頑丈だが使い勝手がよくない。目に圧着する部分が良くない。もう一つは今夏家族に買って貰ったもので、目に当たる部分にラベンダーが入っていて、ゆったりとした気分になっていつの間にか眠くなる。具合はよいが5ヵ月ほど使っていたら効果が薄くなってきたような木がする。上記の本で紹介しているのはテンピュール(スウェーデン)の物だ。東急ハンズに立ち寄ったついでに買ってきた。値段にあった効果があるかどうか、いずれご報告したい。
▼その中に仕事を始める前の気分転換に机付近の掃除を徹底してやる、というのがある。そのことでふと思い出したが、大学受験の時わたしは、夏休み家では集中できないので、小海線に乗って母校まで毎日通っていた。それはわたしだけでなく、全校で10人くらいの学生がそうやっていた。わたしは部活が生物班に所属していたので、人間の頭蓋骨の実物や臓器の標本が並んでいる部室に行って、まず掃除をして砂埃を取り除くことから始めていたことを思い出した。掃き掃除にぞうきん掛けに小一時間もかけたが、そうする事によって次第に「勉強」しようという気持ちに変わっていった。
▼朝早くから出かけていたので、書き込みが遅くなった。「銚子取材?」あれは「チチキトク」で急きょ他の方に代わってもらった。

|

« 高い手帳は意味があるのか | Main | 電車の中の健康飲料のCM »

Comments

The comments to this entry are closed.