« もはや禁酒法国家にするしかないのか? | Main | 伊藤洋一と宮台真司のネットラジオ »

December 30, 2006

年末もパソコンン相談が相次ぐ

▼昨日某読者が我が家に遊びにいらした。9ヵ月ぶりにお目にかかったので、積もった話で2時間ばかり盛り上がった。
▼今朝のNHKラジオを聞いていたら、相模原署の警部補が、電車の中で座席に座っていた31歳の女性OLの前で下半身を露出させた疑いで逮捕された、と報じていた。逃げ回ったらしいが女性と駅員さんに捕まったらしいのだが、「酔っていて覚えていない」と供述しているという。逃げたのだから犯罪を犯したという認識はあったのだろう。またまた「酔っていた」と言えば罪が軽くなるとでも思っているのだろうか?社会の規範を垂れなければならない人たちに限ってこんな事をする。旅館とか飲食店で聞くと、酔って一番たちの悪いのは警察官と教師だと言われているが、昨今の事件をみると頷ける。
▼わたしも年末年始休暇にはいっているのだが、パソコンの相談がひきもきらない。そのうちの一つは、午後2時半ころのM編集長からの携帯メールだった。「パソコンで困っている人がいるから相談にのってくれ」という連絡が来た。折り返し電話すると、教師をなさっている方からで、年末年始休暇の間に、学級通信を作れるようになりたい。6月にパソコンを買い、さらにパソコンの本を1万円買って読んだがさっぱり分からない、とおっしゃる。「いくら何でも30日、31日はイヤですよ」と返事する。相手も「部屋を片づけなければならない」とのこと。それで新年4日午後からK市のご自宅までお伺いする約束をした。

|

« もはや禁酒法国家にするしかないのか? | Main | 伊藤洋一と宮台真司のネットラジオ »

Comments

The comments to this entry are closed.