« ◇「ダーウィンの悪夢」を見る | Main | ◇「トモロー・ワールド」を見る »

December 26, 2006

合法政治献金と海賊版DVDの違い

▼午後ある人から電話があり、「年賀状を作って印刷しようとおもったらインクが出ない」何とかしてくれという。もう年内はそういう仕事はしたくないが、お年寄りでこまっているご様子なので、今朝行くことにした。年内そういうお仕事はお断りです。どうしてもという方がいましたら、30日まで通常料金の3倍プラス出張料で行きます。
▼昨日森本毅郎スタンバイで、朝6時半のニュースのトップが「ディープインパクト」である。森本は競馬ファンであることで知られている。有名な競馬があると常に個人の趣味を生かしてトップで扱う。しかも「スポーツ」と言って競馬を取り上げる。わたしはファクスを送った。「今すぐ辞書を引いて見てください。乗馬はスポーツですが競馬はギャンブル的娯楽、と出ています」と。だが返事はなかった。土日錦糸町の馬券売り場でぎらついた目で、酒臭い息を吐きながら、横縞のポロシャツを着込んでゾロゾロ歩いている人たちは、どう見てもスポーツマンには見えない。
▼日曜日だったか、海賊版DVDを買う人は暴力団の資金源になっているかも知れない事を忘れないでください、というCMが流れていた。ふと考えたのだが、キャノンが自民党に政治献金を始めたという。わたしはキャノンのデジカメとプリンターを持っている。自民党に献金するということは、改憲・米軍に従属したMD計画を推し進めるという事だ。するとキャノンを買うことも、「合法」の解釈によるだけで、海賊版DVDを買うこともさほど違いがないよに思われる。「トモロー・ワールド」も見ているが時間がないので、またね。

|

« ◇「ダーウィンの悪夢」を見る | Main | ◇「トモロー・ワールド」を見る »

Comments

The comments to this entry are closed.