« ◇「華麗なる恋の舞台で」を見る | Main | 鉛筆で書けば永遠に残る »

March 13, 2007

TV「相棒」の撮影場所はここ

▼昨晩作詞家の小椋桂の番組をNHKで放映していた。ちょっだけ見た、(読みたい本が沢山あるのでそちらを優先する)そこでは子息が15歳で脳梗塞をやって完全に治るまで10年かかったという。最初言語障害が残っていたが10代という若いせいもあって心配されたが、今では日本では3人しかいない楽器の琵琶製作者として活躍している。わたしは自分の病状をここに書かないだけで、若くはないので、完全になおるには何年かかるかわからない。
▼先週水曜日午後9時から10chで「相棒/殺人シネマ」が放映された。往年の頑固な映画監督(森山周一郎)が、場末の映画館で自分の作品を見ている間に、ナイフを胸に突き刺されて死んでいるという場面でスタートする。彼は映画は映画館で見るものだという一家言をもっており、自分の作品のDVD化を一貫して拒否していた。その劇中映画は「海峡の虹」という映画で、ラストシーンは江東区某読者がお住まいで、某「(株)K社」の脇のTの森緑道公園だった。撮影最中にわたしのところには撮影真っ最中の画像が送られて来た。いつ放映されるかと楽しみにしていたら、1ヵ月も待たされなかった。
▼劇中映画の主演を演じる島加代子を演じたのは星由里子で、彼女が犯人かと思ったら別の人だった。それでTV「相棒」のラストシーン右京と薫が歩いて去っていくのも、この公園だった。今朝は忙しいのでこの辺で終わり。
▼昨日はX県から「きょうの目」をキーワードにして複数の方が見に来てくださった。このブログ解析では「検索キーワード」とどのページに何分滞在したか。過去に何回見に来て下さったかもわかります。大した事を書いていないけど見に来てくださってありがとう。
▼昼休みだけで8通の無意味なトラックバックが来ました。承認、削除の手間が省けるのでコメントも含めて、一切これらを受け付けないことにしました。あらかじめご承知下さい。

|

« ◇「華麗なる恋の舞台で」を見る | Main | 鉛筆で書けば永遠に残る »

Comments

The comments to this entry are closed.