« 宮崎駿は「ワルキューレ」がお好き | Main | 「内職」とはなんぞや »

April 02, 2007

おサイフケータイは難しい

▼「週刊アスキー」最新号によると、漫画家のいしかわじゅんが、おさいふケータイの事を書いている。わたしがこの週刊誌を読む理由は、彼のエッセイを読むことにあり、他の記事は最近面白くない。最近になって「投資コーナー」なども出てきてますます、「投資」関係会社との密接度が強まっているように思う。これも同誌のCMからも読み取れる。
▼いしかわは先に連載で妻とお揃いでSニーの携帯に変えたばかりである。それでイベントに行くために、説明書を読んで、おサイフケータイのサイトに接続して見たが、さっぱり分からなかった。イベントの開場で教わりながらやってみたが、やはり分からなくて頓挫したという。わたしも最初は分からなくて苦労した。住所などの登録はパソコンでインターネットで済ませておけば、後は楽なように思う。
▼わたしより若い、いしかわが苦労している、という話を読んで、「わたしだけが頭が悪いのか」と悩まなくて済んだ。しかし家族に言わせるとリスクは分散させた方が良いので、おサイフケータイは持たない方がベストだという。
▼先日NHKハイビジョンを見ていたら、いよいよ行き場の無くなった関口知宏は中国鉄道の旅に挑戦するという。中国の鉄道は全部で10万キロを越すが、今度は国内同様一筆書きで3万6千キロに乗る。出発は来年行こうと思っていた、チベット「ラサ」(オリンピックで混むことが予想されるから後回しにする)からである。アナウンサーから「止めるなら、いまですよ」と脅されていた。さらに終了したと思っていた「ER12」が4月から始まるという。これで4月からまた楽しめそうである。

|

« 宮崎駿は「ワルキューレ」がお好き | Main | 「内職」とはなんぞや »