« ◇「ジョニー…」の続き | Main | ハーレーを買った友人の話 »

May 18, 2007

NHK「あしたをつかめ」を見る

▼昨夜NHK教育TVで「あしたをつかめ/コンビニ弁当開発の裏側に密着」という番組を放映していた。再放送なのだが、主人公は大学を卒業してあるコンビニに勤めていた24歳の女性だ。就職して2年間はコンビニの最前線に配置されていた。そのとき店を訪れる客の対応が良くて、総菜コーナーの売り上げを倍以上にして認められる。そして就職するときから念願だった、マーチャンダイジング(マーケティング活動の一つで、消費者の欲求を満たすような商品を、適切な数量・価格で市場に提供する企業活動。商品化計画。以上電子辞書以下MDと略す)を担当するようになる。
▼彼女は先輩に混じって夏から秋にコンビニで売り出す、お握り弁当の開発を担当することになる。まずは他社コンビニに行って何店か買い込んでくる。680円のお握りが魅力的なので買い込んで来るが、上司は自分のサイフから680円出して買う気持ちになるか考えて見ろと却下する。試作品は八千代市にある弁当工場に依頼して部長がOKをだしたら、次は社長試食となるがOKにならない。季節感を出すために、総菜の一つにオクラを使ったのだが、上司は「オクラは何の季節だ?」と問い、彼女は「夏」と答え別のモノに入れ替える。弁当一つ開発するにも大変なのである。彼女は管理栄養士の資格をもっているので、栄養面だけで考えるがコスト、盛りつけの美しさも考えなければ採用にはならない。
▼これを見ていてふとPちゃんのことを思い出して、そのことを携帯メールに書いて送ったら夜11時過ぎに返事が来た。彼女も同じような現場で頑張っているのだと思った。
▼先日秋葉原のDVDショップを覗いていたら、旧ソ連のモスフィルムが作ったプロパガンダ映画「ヨーロッパの解放」のDVDが22000円くらいで出ていた。見たいけど2万円以上もするモノをおいそれと買うことは出来ない。おそらく4枚組くらいだろう。それが駅の近くのTSUTAYAに行ったら、「ベルリン陥落」、「東部戦線1944」、スターリングラード大攻防戦」、「バトル・フォー・スターリングラード」1、2巻「レニングラード大攻防1941」があったではないか。今度ゆっくり借りてみよう。
▼明日19日はメルマガ締め切り日です。お忘れなく。

|

« ◇「ジョニー…」の続き | Main | ハーレーを買った友人の話 »