« ◇「ロストロポービッチ人生の祭典」を見る | Main | 表参道でヘルシーな食事をするには »

June 19, 2007

7年間飲んでいた薬が減る

▼くり返してお願いしますが、メルマガ原稿は今回は本日午後8時が原稿の締め切りですからお忘れなく。賽の河原の石積みはきょう最終チェックを終える。とても長い2週間でした。もう今月の仕事はこれで終わりかと思っていたら、2ヵ月程前にプレゼンを出しておいた仕事が正式決定し、金曜日午前中打ち合わせることになった。
▼イメージ・フォーラムでもう一つ「選挙」というドキュメンタリー映画をやっているが、いずれご紹介したい。青山通りを骨董通りの方に歩く。青山学院を通り過ぎる所は、今まで高い柵があって随分回り道をしなければならなかった。わたしは今まで柵を乗り越えていたが、今回いったら柵は撤廃されていた。そう規則だけが優先した、無意味なものはなくなる運命にあるのだ。青山で食事をするにはカネさえ払えば美味しいものを食べることができる。だがわたしはヘルシーなものにしなければならない。考えた挙げ句、ナチュラル・ハウスでヘルシーな弁当を買うことにした。弁当にありがちなハンバーグとか唐揚げなどは一切入っていない。そういえば薬がなくなるので昨日いつものクリニックに行った。前回採血された結果を聞くこともあった。わたしは某病院で行った人間ドックの結果持参した。そこではコレステロールの値が平常値に戻ったので薬を一種類減らすと通告された。7年ぶりだ、やったね。今までの病院は「薬を増やす」と言い続けられて来た。コレステロールは運動だけでは決して減らない。ここのいつも書いている方法を続ける以外にない。そしてドックの結果を見せたら、「ドックで癌は発見できず気休めにしかならない、癌の早期発見は血液検査だけでも分からない、普段から自分の体調を管理して何かおかしいと思ったら医者に行くことだ」と言われた。この担当医はinterFMで毎週金曜日午後4時から医療相談で出ていると言っていた。
▼街頭で弁当を食べてから再び半蔵門線に乗ってK町で降りる。というのは先日本を2冊買ったのだが値段が間違って打たれている。買ったのは先週日経の1面コラム「春秋」で紹介されていた、「短歌博物誌」と別の所で紹介されていた、外山滋比古の「思考の生理学」である。あちこち探していたが、この2冊同時に揃っている書店は見つからなかった。総武沿線で比較的揃っているのは、船橋東武デパートにあるA屋書店、京成船橋駅の脇にある「T書房」だ。後者は先日「ダ・カーポ」で本の並べ方が魅力的である、と紹介されていたが、わたしもそう思う。もう一つはK町駅のすぐ近くにあるAキット8階にある「K書店」で専門書もきちんと揃っている。K戸のY堂は横浜の本店と違ってロクな本しか置いてない。それでK書店に二冊とレシートを見せた。780円の「短歌博物誌」を2度レジも打って300円ほど高く取られていた。

|

« ◇「ロストロポービッチ人生の祭典」を見る | Main | 表参道でヘルシーな食事をするには »