« 慎太郎を義兄にもつ女優のこと | Main | 入管のボールペンを貰う »

June 07, 2007

国民を監視する陸上自衛隊の本質

▼東京地方の天気は一日ずれてきょうからにわか雨と落雷がありそうだ。昨日実家に落雷があってTVが映らなくなったという連絡が来た。実家は村でも地理的にいちばん高い場所にある。それが原因か過去に何回か落雷の被害を受けている。TVは2回で電話機が焦げてしまったこともある。一度避雷針をつけることも検討したが、あれも結構高価なものだ。TVの修理代が3万5千円、避雷針が10万円とか聞いたことがあるので、3回落ちれば工事をした方が良いという計算になる。通常の対応は家のブレーカーを抜いて電気機器のコードは全部抜いて対応する。
▼コムスンのこと。あの親会社のグッドウィルの経営者O氏はN商I井を退社してこの会社を作った。バブルのあだ花ジュリアナ東京の経営者だった人だ。母はJAの介護施設にデイサービスに行っている。ショートステイは別の市内にある施設に行く。市内の施設はかつて独立した会社だった。ところが最近送られてくる請求書を見たら、頭にTBCと書いてある。そう、あのエステの会社は介護にまで手を伸ばしているのだろうか?エステのTBCとこの介護会社の関連は分からない。Webで調べたが、たんなる偶然の一致かもしれない。
▼陸上自衛隊の情報保全隊が市民団体から左右の政党まで、反自衛隊活動をしていた人々の情報を収集していたことが昨日暴露された。記事を見ると鵜の目さんとわたしが偶然一緒になった、防衛庁を包囲するキャンドルデモに参加している。新聞にはこのキャンドルデモの様子が防衛庁側から撮影された写真として掲載されているので、当然わたしなどもその対象にされている。そのほかWPNのデモにも何回も行ったし、日比谷公会堂の集会にも行った。この様子は毎日新聞の1面トップに写真入りで紹介されてしまった。まぁわたしなどは覚悟して集会やデモに参加しているので、かまわない。しかし沖縄の米軍基地予定地調査に自衛隊の戦艦を派遣したり、今回のように国民を敵視する軍隊の本質というのは、「敵」が国外にあるのではなく、国内にあるという戦前の体質と何も変わっていないことが分かる。

|

« 慎太郎を義兄にもつ女優のこと | Main | 入管のボールペンを貰う »