« ◇「陸(おか)に上がった軍艦」を見る | Main | 管理される事が快感になっていないか »

July 30, 2007

選挙の結果で見えて来たもの

▼昨日は「きょうの目」に3人の方々Googleからアクセスして下さった。有りがたいことである。わたしはと言えば某市で開かれた50代、から70代の女性がたくさん集まる集会に仕事を依頼されて行っていた。いや本当は当日上映するスライドと音声のデジタル化だけを依頼されていた。金曜日に打合せに行ったのだが2週間前にあらかじめつくって送ったデータも「開く事ができない」と放置されたままだった。そこでその場所でプレゼンをはじめたので遅くなってしまった。さらに土曜日夕方会場で最終打合せがあるからパソコンを担いで持ってきてくれという事で出かけた。わたしは先月高橋真梨子のコンサートがあった場所に行った。ところが約束の時間を過ぎてもそれらしき人は一人もやってこない。そこで責任者の携帯に電話すると駅の海側ではなく、山側の会場だという。重いパソコンを抱えて30分ほど歩く。そこに行ったのはパソコンを使ったプレゼンテーションの操作まで依頼されたからだ。心配なのは会場の音響装置なのでこの目で確認したかったからだ。会場の係員はいかにも○○○といった意地悪い受け答えをする人だった。帰り際に念のためデジタル音声をカセットテープに再変換したものをお渡ししてチェックしていただくようにお願いして別れた。
▼さて当日である日曜日の朝7時に電話があって「余分な会話が入っているから削除してして欲しい」という連絡が入る。出かけようと思っていた矢先なので、再びパソコンを起動してデジタル編集装置で削除して作り替えていたら、到着は機器リハーサルがはじまるギリギリの時間になってしまった。要するにわたしが事前にお送りしたものを2週間前にチェックしていただければ、こういうトラブルは避けられるのである。そのことは集会がはじめる前にお話ししておいた。
▼記念講演はアニメ作家のAさんだった。話の要点は自民党と民主党の広報戦略はともにアメリカの広告宣伝会社にまかされている。それが政治を動かす力にもなってしまっていること。テレビの普及はアメリカの国家戦略によって日本で影響をもたらせて来たこのことはメルマガで「読売新聞とCIA」のところでご紹介した。さらにノーム・チョムスキーの「メディア・コントロール」の話。これもメルマガでご紹介した通りだ。A氏は時間が10分ほど超過してしまい、「子どもにはなるべくテレビを見せるな」というような結論で終わってしまったのは残念だった。
▼選挙の結果でもお分かりのように、新聞TVの「与野党逆転」という表現は間違いである。単に保守系政党の支持者が変わっただけである。「革新」政党が明かな後退をしているのに、「次は頑張る」、「相手の攻撃激しかった」がなど自分の責任を逃れたノーテンキな事を言うのではなく、基本理念、宣伝理論、文化の再構築から考えないと後退の一途をたどる道しか残っていない。まぁそういう自己変革にも期待できそうにもないけど。
▼というわけで人混みの中に行くとひじょうに疲れる。ぐったりした一日でありました。

|

« ◇「陸(おか)に上がった軍艦」を見る | Main | 管理される事が快感になっていないか »