« 映画◇「魔笛」を見たが… | Main | 河川敷の生活の方が精神的に豊だ »

July 23, 2007

イラクの祝サッカー4強進出と発砲事故

▼昨日の新幹線日帰り往復はかなり疲れてしまった。
▼昨夜「うるるん」を見ていたら大西麻恵がパラグアイを訪ねてボトルダンスの特訓をしていた。普通は4年くらいかかるらしいのだが、彼女はたった1週間でボトル7個まで挑戦することができた。これはワインボトルの下の部分に穴を空けて、いわばだるま落としのような感じでボトルを積み重ねて行って踊るというものだ。もっとも高く積み重ねた人がその年のクイーンになることが出来るらしい。コーヒーでも飲むのかと見ていたら薬草を使ったテレレというお茶のようなものを飲んでいた。コーヒーがそれほど身体に良いとは思えないが、この薬草はどんな効果があるのだろう。
▼昨日の検索用語を見ていたら「五代財閥」というのがあっておかしかった。これは昨日からWOWOWで放映されている五味川純平の小説「戦争と人間」の中に登場する、滝沢修トップを演じるコンツェルンの名称である。こんな映画の名前を信じて検索するというのも滑稽である。そういう方はまず五味川の原作をお読みになることをお勧めする。これは資料の塊のような10数巻の本である。五代のモデルとなっているのは、当時の中国や満州で幅を利かせていた日産コンツェルンである。そちらを調べた方が真相に近づく事ができよう。
▼今朝のニュースでイラクがベトナムを破ってサッカーの4強に進出して、祝砲に溢れその流れ弾で3人が死亡したというものがあった。その説明として「イラクには銃砲が溢れているため」としている。しかしイラクの銃砲は伝統であり、日本でもし秀吉の「刀狩り」がなかったら、刀剣が日本国中に溢れていたかも知れないと同じレベルである。イラクにおいて最も危険なのは、アメリカ軍など多国籍軍の持っている銃砲である。これを取り締まることがまず第一である。日本では夏休み最初の日曜日で水難事故で2人死亡したというニュースがある。それを同じレベルで考えるなら、「日本は夏休みになったから水難事故が起きた」、「日本は四方を海に囲まれているから事故が起きた」と同じ事になる。

|

« 映画◇「魔笛」を見たが… | Main | 河川敷の生活の方が精神的に豊だ »