« 久しぶりに「ER」でカーターさん | Main | ◇「東部戦線1944」のDVDを見る »

July 13, 2007

知らなかった言葉「譫妄」

▼ケアマネージャーの話の中に現在の母の症状に「せんもう」状態である、という言葉が出てきた。その場で質問しようかと思ったが、夕方帰宅してもう疲れ切ったので今朝辞書を引いてみた。「譫妄」がケアマネの言った言葉だと思う。譫妄とは電子辞書によると「錯覚や幻覚が多く、軽度の意識障害を伴う状態。アルコールやモルヒネの中毒、脳の疾患、高熱状態、全身衰弱、老齢などに見られる」とある。これで母がこの1年くらいわたしに言ってきた事の内容がある程度理解出来てきた。
▼帰りしなに参議院選挙東京地方区のポスターが貼ってあった。ポスター写真だけで選ぶなら誰かな?やっぱり男はバカだから「泣きぼくろ候補」という事になるのだろう。先日図書館から借りてきた1冊の本は太宰治の「ヴィヨンの妻」である。なぜこの本を借りたかというと、「サイドカーに犬」の中で竹内結子演じるヨーコさんが映画の中で読んでいた本であるからだ。終戦直後の新宿あたりにある居酒屋店主とそこに通ってくる不思議な男と愛人そしてその妻の話である。言ってみれば映画「サイドカー…」の話と若干のダブりがあるのだ。このようにわたしは映画の女優に恋してしまうことがある。先日も某読者にかつて「○○○が好きだと言ったことがある」と言われた。しかしわたしはそのことをどうもはっきり覚えていない。映画を見るたびに、「ああこの女優」「ああ彼女は美しい」と変わっていく。ならば今は誰かと聞かれると日本映画は上記の映画の中の竹内であるが、外国映画となるとかなり混沌としてしまう。
▼今ふと思いだしたのだが、昔新宿の映画館「スネマクエアとうきゅう」で見たフランチェスカ・ネリの「愛よりも非情」はとてもよかった。ネリはサーカスの女性射撃の名手で、相手はアントニオ・バンデラス演じる新聞記者。こlれはもう廃盤でビデオなどでも手に入らない。ああ明日は彼の出演する「ダンス映画」を見に行かなければ。あと「アナとオットー」に出演する透明感溢れる女優。これもまず手に入らない。これは「オープン・ユア・アイズを撮った監督の作品で3つともなぜかスペイン映画である。「オープン…」には」帰郷」のベネロペ・クルスが出ていた。このリメイク版が「バニラ・スカイ」という、トム・クルーズとキャメロン・ディアスの出たつまらない映画になっていた。
▼ムーンライトのコーナーにMINさんのお母さんの「介護日記」の連載が近日中にはじまります。ご期待下さい。

|

« 久しぶりに「ER」でカーターさん | Main | ◇「東部戦線1944」のDVDを見る »