« 初対面の方とヴィスコンティで盛り上がる | Main | ◇「海は見ていた」を見る »

August 10, 2007

「リビエラを撃て」を途中で止める。

▼ブログの検索用語をチェックしていると、みなさんは俳優の動向を知りたくて見ている事が分かる。日曜日の「天然コケコッコー」の事を書いたら「右田そよの母」という検索用語でいらした方がお一人いた。わたしはそんな映画の本質に関わらない事はどうでも良いのだが…。一つ付け加えると夏川結衣と佐藤浩一は01年のNHK「ある日、嵐のように」で共演している。夏川は江守徹の愛人で密命を帯びて佐藤浩一に接近する役目をおっていた。この時はどうも意味が分からない役回りだった事を覚えている。
▼図書館の新刊のところに高村薫の「リビエラを撃て」の文庫本があった。一度読もうと思っていた時期があって借りてきた。しかし、銃とか無線に関して誰か協力者の力を借りて書いているのだろうが、こなし切れていない。例えば無線と無電が混在している。銃はたくさん出てくるが、使用方法を理解していない。拳銃を構えて相手を脅す場面で「ハンマーをハーフコックにする」と書いているが、そんな事はあり得ない。「スライドを引いてフルコックにする」が正しい。ハーフコックとは暴発を防ぐためにフルよりも半分ハンマーに近い位置に戻すことである。専門家の意見は聞いたらしいが、実際にモデルガンを使って検証するとか、お金があるのだから海外取材に行って実際jに銃を撃ってくれば分かることだ。事々左様に間口を広げすぎて収拾が付かなくなっているのだ。上巻の3分の2ほど読んで時間も無駄だと思い、読むのは止めた。今朝はナナチャンの抜糸で犬猫病院に行かなければならない。これでとりあえず終わり。

|

« 初対面の方とヴィスコンティで盛り上がる | Main | ◇「海は見ていた」を見る »