« 「テロリストは誰?」 | Main | 週刊アスキーにでた福岡伸一の事 »

October 18, 2007

◇「キングダム/見えざる敵」を見る

▼「キングダム/見えざる敵」を見る。昨日の朝日夕刊にジェイミー・フォックスがインタビューに出ていた。わたしも某映画評論家のオススメに騙されて見たが酷い映画である。同名の映画では94年のデンマーク映画「キングダム」という5時間の作品があったが、おどろおどろしさがスチーブン・ギングぽっくってとても面白かった。キングダムとは「王国」で、この名前の付く国は世界にまだたくさんある。映画はサウジアラビアである。実際に96年に起きた石油精製施設で働く米人居住区で起きた爆発事件をモチーフにしている。サウジはイスラム圏にあってもご存知のようにアメリカに有利な条件で石油を提供し続けている。そのため、それを面白くない国にとっては憎悪の対象となり、映画でいうとアルカイダやビンラディンの拠点とされる。当然映画では911事件も彼らの仕業という描き方で、この爆発事件もそれと関連づけられる。同国に派遣されていたFBIの職員が死亡したため、本国のエージェント4人が強引に割り込むようにサウジに「派遣」される。
▼最初は同国の警察ともうまく行かなかったが、意思疎通が図られて一緒に捜査を始める。あとはお定まりの「敵」を追い詰め、サウジの警察官は死亡し、4人はめでたく帰国する。しかし復讐の「連鎖」は断ち切れなかったという、ハリウッド得意のストーリーである。ジェイミーは「どう解決して良いか考えてくれ」と夕刊のインタビューで言っているが映画では「悪はテロリスト」決めつけているので、中谷と同列である。そして映画宣伝サイト「身近な危険マップ」を見ると、驚くべき場所に赤いフラッグが立てられているのだ。書き込んでいる人も「?」と書いているくらいだから、冗談と受け取って良いと思うが、映画の「程度の低さ」を露呈しているような話である。
▼これから医者の定期検診なので、午後に続くかも知れない。期待しないで待っていてほしい。

|

« 「テロリストは誰?」 | Main | 週刊アスキーにでた福岡伸一の事 »