« モーツアルトK.626が聞こえてきた | Main | 金沢市に来ています。 »

December 05, 2007

ショートステイ介護施設の人たち

Sinanotetudoしなの鉄道、軽井沢駅
▼本日メルマガの締め切り日です。すでにお伝えしたように10万番ヒット達成のメッセージを募集していますが、想像通りメルマガの読者は余り関心をお持ちではないようです。キリ番ですがこの「ブログ」でも行います。右下にカウンターがありますが、脇の記事も分かるように切り取ってお送り下さい。1000番のキリ番の方に粗品を差し上げます。
▼わたしはあちこちのサイトで別の名前を使って書き込みをしている。そのためわたしの正体を知ろうとして色々苦心して調べようとしている方がいる。住んでいる場所も最寄りの駅も架空の場所で書いている。いいセンで検索の環を狭めて来ているが、正体を突き止めるのは無理だと思う。
▼介護施設での事。ショートで入所している人は様々な人がいる。ある紳士は恰幅がよく着ているブレザーも中々のものだ。だがカバンを二つ抱えて家に帰ろうとして、「俺は会社の社長をしているのだ。どうしてもきょう帰らねばならない。出口はどこだ」「俺が何故こんな所に入っているのか分からない」をくり返してヘルパーさんに頼み込んでは困らせている。さらに「俺は大学院をでている」高飛車な事までいう。聞くとこの方は毎日この言動をくり返しているのだという。また別の人はT大を出てA新聞の記者をしていたらしい。この施設に来て何かと言うと名刺を配って歩き、正常な人から「もう何枚も名刺をもらいました」と言われていたという。最近では歩き回ることもなくなり、大人しくしていた。もう一人は中学校の教師をしていたという人だが、自力では食事をとることもできなくなってジッとしている。
▼これは入所者の一例だが、いずれも80歳前後の人たちである。わたしも個包装になっているコーヒーを買ってきてポットでお湯を入れていると「どうしましたか?」と詰問されてしまった。日曜日はパートさんが多いので見かけで入所者と勘違いされたのだろう。わたしは慌てて「入所者ではありません。入所している家族の付添で、コーヒーを自分で煎れています」と否定した。つまり見ただけでは認知症かどうか分からないのだ。そしてその予防にはどうするか?飲酒を連続しないことは言うまでもないが、もう手遅れの人もいる。何か新しい事に興味を持たないというのもダメ。先日のTVによればレンタルビデオなどはダメで映画館は自分でスケジュールを立てて出かけ、外の空気に触れて、着ているものにも気をつけるから良いのだそうだ。しかしわたしは映画館には出かけるが、着ているものに気をつける必要がありそうだ。

|

« モーツアルトK.626が聞こえてきた | Main | 金沢市に来ています。 »